おわら風の盆へ 2

e0008223_22402350.jpg
e0008223_22403884.jpg
八尾の駅を下り、日が落ちると通りのぼんぼりがいい感じに灯ります。
広場や神社の境内、お寺の本堂で輪踊りを見物します。
e0008223_22410081.jpg
e0008223_22302215.jpg
胡弓と三味線の伴奏に、おわらの切ない節回し…。えぇ声で高音も伸びやかに歌い上げます。そのおわら節に合わせたゆったりとした踊り。
男踊りと女踊り、どちらも編笠を深くかぶって表情が見えないのに、妙に艶めかしい振り付けにうっとりと見とれる観衆たち。
e0008223_22321066.jpg
e0008223_22313093.jpg
八尾は小さな町だけれども、おわら風の盆開催期間の3日間に全国から20万人を超える観光客が訪れるそうです。
e0008223_22303600.jpg
e0008223_22443520.jpg
八尾は坂の町です。各町ごとに伴奏と歌い手と踊り子の編成をおっかけるように、ギャラリーとともに坂道を下りながら歌い手の上手を批評したり、女踊りと男踊りのペアの決めポーズで拍手がおこったりと観客も十分に参加して楽しめます。
e0008223_22445146.jpg
徳島の阿波踊りとは違い、しっとりと情緒たっぷりのおわら風の盆。
また時間をつくってぜひ訪れたいおまつりです。


[PR]

# by ke-ko63 | 2017-09-06 22:47 | ステキなもん | Trackback | Comments(2)  

おわら風の盆へ

もう何年も前から「行ってみたい」と思っていました。

おわら風の盆。

9/1から3日間、越中八尾はおわらで盛り上がるのだそうです。ゆったりとした踊りと切なく響く胡弓と三味線の音色にのせて、越中おわら節の哀愁漂う節回し…。
三連休をもらって、行ってきました。

月影ベイベ も大人買いして読みました。
おわら風の盆恋歌 も通勤のバスで読みました。

やっとやっと行けることになりました。ヤッター!

秋の訪れを告げる おわら風の盆

がっ!
富山駅から会場の八尾までの移動にJRを選択しましたが、侮っておりました。
田舎のローカル線なのに、乗車するのに整理券がいるとのこと。
e0008223_23335339.jpg
さらには、乗車する時間の30分前に集合し整列させられ、おっとろしくレトロな電車に乗車させられました。
e0008223_23342399.jpg
乗客を見わたすに、概ね60代以上。
しかし、みなさん表情が高揚してらっしゃる。
e0008223_23341030.jpg
だって、一年に3日間だけのおわら風の盆なんだもの…。
ウキウキとはまた違う、ソワソワ?ワクワク?
あらゆるそんなキモチをひっさげて現地に乗り込みます。


[PR]

# by ke-ko63 | 2017-09-03 23:36 | ステキなもん | Trackback | Comments(0)  

お盆に地獄を見る

お盆に突入した日曜日。奈良国立博物館で地獄と極楽を目のあたりにできると知り、出かけてきました。
恵心僧都源真ってぼーさんが1000年前に書いた往生要集という本を、市井の民にわかりやすく伝えるために描かれた地獄と極楽の絵図を見るのが目的です。
e0008223_22042707.jpg
棘だらけの木の上にいる美女を体をずたずたに切り裂かれながらも追い求める地獄やら、焼けた石を飲まされる地獄、にわとりに似たごっつい鳥にこれでもかーてなくらいに踏んづけられ続ける地獄などなど、ようこんなん思いつくなぁと感心してしまうくらいの地獄のオンパレードを堪能しました。

うそついたり、人を騙したり、裏切ったりするとこんな目に遭うんやでー というのを見せられた昔の人は、オノレの行状にハッと気付き改心したのでしょうか?

ヨメの悪口ばっかりゆーてると落ちる地獄とか、他の事業所に鞍替えすると落ちる地獄とか、入浴拒否ばっかりしてると落ちる地獄とか、もう半世紀以上前のお姑さんのイビリを未だに恨んでグチってばかりいると落ちる地獄とか、そういう地獄もあるらしいよって、うちの利用者さんたちにも教えたらなあかんなぁと思いつつ、いやそれよりも、ちっとも働かず楽な仕事しかしない同僚を地獄に落としてやらねば!と決意も新たに博物館を後にしました。

てなこと考えてるヤツが落ちる地獄もあったりしたらコワイけど…。
e0008223_22044528.jpg

[PR]

# by ke-ko63 | 2017-08-18 22:06 | こわいもん | Trackback | Comments(4)  

夏越の祓

自宅療養中あちこちフラフラするつもりが、そのうちそのうち…といってる間に主治医から「職場復帰ok」のゴーサイン。結局どっこも行けてませんやん(泣)
その病院の帰りに買い物し、駐車場の車止めの縁石につまづいて全力でコケるというありさま。
不本意ながら結果的に自宅療養していたために、かなり体力やら反射神経やら(これは年齢のせい?)低下してしもてることにうちひしがれながら帰宅しました。

翌日の今日。30日。そうか一年の半分。おぉ!夏越しの祓やん!
そう、わたしこそこの半年のケガレを祓わんならんのとちゃいますのん。
一年のまんなかの今日を上半期、残りの12/31までを下半期と分けて、上半期の晦日である本日6/30に、半年分のケガレを祓い、明日からの下半期へ臨むための夏越の祓。なので、今年初詣させてもらった神社へ。

雨上がりの神社は参拝者もまばらで、受付で頂いた人形の描かれた用紙に住所氏名を記入し、その用紙に息を吹きかけてカラダの悪いとこをを撫でた後専用封筒にお賽銭とともにイ~ン。
そしていよいよ輪くぐりタイムです。
輪をくぐるときの足の順番やら回数やら回る方向など(ちょっと年配の)巫女さんがマンツーマンで茅の輪くぐりの作法を教えてくれはります。
これまでも茅の輪くぐりをさせてもらったことはあるけれど、マンツーマンで巫女さんに見守られながらくぐるのははじめて。緊張のあまりくぐる際の足をまちがえたりなんかしながらも、無事にお参りをさせてもらいました。
さらにはお参りの記念品まで頂戴して、恐縮しきりです。
(ちょっと年配の)巫女さんありがとうございました~。

この半年。職場を変わったり、あれこれ病気が発覚したり、入院手術したり、ドン・キホーテの駐車場でコケたり(←コレ昨日)で、ドタバタな上半期でしたが、これでスッキリ明日からの下半期に臨めそうです。

e0008223_15123217.jpg

[PR]

# by ke-ko63 | 2017-06-30 15:14 | ありがたいもん | Trackback | Comments(4)  

鉄火巻

1週間の予定が、術後あまりにも元気に病棟をウロウロ徘徊するからってぇことで2日早く退院させられました。
病院ってぇところは、やなところです。みんななんだかどろーんとしていて、ま、それは仕方ないんだけど。
健康第一ってつくづく思うわけです。工事現場の安全第一並みにね。
健康って、かげがえがないッスよホンマに。

退院して、食べたかった鉄火巻を食べに行きましたよ。もちろん回る系の…。
自分ちでイヤホンなしでテレビも見放題。ビールも飲み放題なぅです。
向こう1ヶ月は自宅療養ですけどね。ま、じっとしてるわけ無いですけど…うふふ。
e0008223_21394451.jpg

[PR]

# by ke-ko63 | 2017-06-09 21:40 | ありがたいもん | Trackback | Comments(4)