摂津国88ヶ所遍路-54勝尾寺

善福寺から山を攻めます。ずんずん山をのぼっていくと色鮮やかな山門が見え、勝尾寺に到着。
e0008223_19310931.jpg
赤い立派な山門は、いつ眺めても「どや!」って言ってるように見え、山門をくぐると池には間欠泉が噴出し、足元からはミストがぼわわ~っと立ち込めております。これは極楽感を演出するためのものなんでしょうか?お金かかってそうです。
母と巡っていた西国巡礼で訪れた時、車いすを押してシャクナゲを見にきた時と同じように、お経のマイク放送が境内全体に響いております。
だらだらと続く石段をのぼりきった先にある池にたたずむ観音様、そのヨコッチョに一願不動さんがいらっしゃいます。そしてこれまた「どや!」な多宝塔。
e0008223_19313685.jpg

勝尾寺といえば、だるま。
時の朝廷の権力さえも当寺の祈願力にはおよばなかったことから「勝王寺」と清和天皇が名づけたのだとか。「王」にチト遠慮して「尾」となっとりますが、勝負運の寺、勝だるまの寺「かつおうじ」です。
勝運成就し奉納されただるまでびっしりです。
e0008223_19321240.jpg

本堂までのぼりきったら目に飛び込んでくる本堂。勝尾寺最高の「どや!」感で、参詣者を威圧してきます。山門と本堂は秀頼公の再建と、パンフレットにありました。秀頼やりすぎです。
e0008223_19355757.jpg
ご本尊は千手観音さま。
マイク放送にあわせて般若心経を唱えさせていただきました。

本堂隣りの大師堂の中には四国88ヶ所のお砂踏みがあります。お寺の名前を見ていると四国を歩いていた頃のことを思い出して懐かしくなりました。
e0008223_22044511.jpg
e0008223_22064316.jpg
こちらのお大師っさんは、歴史の教科書にある清盛チックなお顔立ち
e0008223_22053383.jpg
88ヶ所のお寺にひとつずついらっしゃるお地蔵様の足元に四国の砂が埋められているそうです。
e0008223_22055450.jpg
神さまからのお願いはちゃんと守らなあきません。
e0008223_22033141.jpg
噴水池ヨコのトイレがホテルちっくです。
e0008223_22141824.jpg
【お寺データ】
大阪府箕面市粟生間谷2914-1
駐車場3ヶ所あり500円
入山料400円

[PR]

by ke-ko63 | 2015-06-22 22:14 | ありがたいもん | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://harikiriq.exblog.jp/tb/23309072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-07-12 16:17
タイトル : コマクサ、シャクナゲ、レンゲツツジ、アヤメなどが群生する..
池の平湿原の高山植物Alpineplants in Ikenotaira wetlands 池の平湿原は多様な自然がおりなす、”高山植物の宝庫”といえる自然を満喫できるところです。私たちが行った7月初旬にはレンゲツツジ、アヤメの大群落を始め、珍しいコマクサの群落やシャクナゲなど多くの高山植物を楽しむことができました。... more

<< 摂津国88ヶ所遍路-56宝珠院 摂津国88ヶ所遍路-53善福寺 >>