めざせ結願!小豆島遍路3 20分間隔のお経

コンビニモーニングのあと、本腰いれて札所を巡る。

小豆島の札所は無人のお堂が多い。
民家の軒と軒が擦れ合うようなくねくね入り込んだ路地の先に、ポツンと古びたお堂があったりする。
そして、どのお堂もきれいに掃除がなされていて気持よくお参りさせてもらえるのがありがたい。
そして、気持よくもと来た道を引き返しているとお杖を忘れたことに気づく。
e0008223_13165671.jpg
e0008223_13170128.jpg
「アチャー!お大師っさん置き去りにしてもーたがな…。」

で、慌ててまたくねくね道を入ってく。
クルマ遍路だけどお杖を携帯してるとこーゆー事態に陥るのですなー。
以来、お杖はずっと後部座席にお留守番と相成りました。
e0008223_13164417.jpg
山門に入る前からお参り中、納経帳に書いてもらってる間、そしてお寺を後にするまでずっとお寺で飼ってる犬数匹に全力で吠えられ続けたり、坂道を延々登っていった先にあったのは墓地で、お正月前の墓掃除をしてらっしゃる地元の方に道を尋ねて、また坂道を下るとゆーよーな失態もあったりで、なかなかに疲れる。
e0008223_13163955.jpg
四国遍路にくらべマイナーな小豆島遍路には、道しるべ的なものがそんなにきめ細かくはなく、頼りのカーナビもトンチンカンなところを指し示すという嫌がらせをしてくれるおかげで、存分に迷い倒すという小豆島ミステリー。
e0008223_13163504.jpg
それでも、16番 極楽寺の本堂でお経を唱え始めると奥からおじゅっさんらしき人が出てこられ、おっちんして木魚で伴奏してくださったのには畏れ多くもありがたいひとときでした。
e0008223_13162450.jpg
胸張り大師?

e0008223_13161902.jpg
また、『八日目の蝉』で希和子と薫がそうめんを食べたり、ブランコに乗ったりした15番 大師堂についた時はちょいとテンション上がりでなかなかにエキサイティングな小豆島を満喫しておりました。





[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-10 13:21 | ありがたいもん | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://harikiriq.exblog.jp/tb/24038230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2016-01-10 23:38
この最後の写真の松の木かなぁ、盆栽がそのまま大きくなったような感じですね。
カーナビ、前のはだんまりだったけど今のはかなりおしゃべりで特に「一時停止があります」というのが好きらしく高速で言った時は驚いたー。ウチの駐車場に入る時は3回も言います。一時じゃないよ、明日まで停まってるよー、って。
Commented by ke-ko63 at 2016-01-11 10:14
>ミケさん
枯れかけみたいな盆栽ですよね。
うちのカーナビは、300m手前から予告する"前もって準備しなはれや"クンなんですが、複雑な交差点などになるとだんまりを決め込むというやっかいなコで、困ります。
Commented by senbeis at 2016-01-11 19:53
二重におめでとうございます
合格よかったねっ!!!
どんな時も一歩、歩きゃなきゃね!
げんきもらえました、ありがとです。
Commented by ke-ko63 at 2016-01-13 18:37
>senbeisさん
おおきにです。今回はがんばりました。
一歩ずつ歩いていかんことにはね。
がんばりまっしょ
Commented by まねきねこ at 2016-03-26 19:25 x
先日、また「八日目の蝉」を見ました。
見るたびに違う感覚が湧いてきます。
福田港もずい分変わりましたねぇ・・・
Commented by ke-ko63 at 2016-03-27 20:42
>まねきねこさん
こんばんは。おひさしぶりです。
こないだテレビでやってましたねー。ワタシもみてましたよ。
ブログに書きたいことたっくさんあるんだけど、おっつかなくて…。
そんなこんなないま、まさにお遍路に行きたい気分満載ですのよ。
現実逃避って言われりゃそれまでだけど、真人間に戻りたい。そんな感じです。

<< 来週から働きます キターーーーッ!! >>