カテゴリ:お遍路に行きたい( 606 )

 

じーさんばーさんを連れてお遍路へ

お久しゅうございます。はりQでございます。
昨日あたりからなにやら空が秋めいてきております。皆様ご機嫌いかがですか?

1月から勤めております認知症対応型グループホームなんですが、なんやかやいいつつも愛しいじーさんばーさんのお世話に毎日通っております。

そんな施設に、毎年恒例の秋のイベントで日帰り旅行というのがあるらしく、今年はどこそこへ行くってハナシで、ちらっと小耳に挟んだのが「じーさんばーさんを四国遍路に連れて行く」ってことでして、え?マジで?ですやん?

四国を結願してしばらく、すっかり四国から遠のいてしまっている自分にいきなりの脳天チョップな衝撃ですがな!

で、ソッコー施設管理者に事の次第を確かめに行き、「あの。秋のイベントってお遍路に行くんスか?マジすか?ワタシ、四国を歩いてお遍路したんスよー!」と食い気味に管理者に話すと、なんとなんと管理者も歩きで2巡、バスで数巡まわっているとのこと!
なんやてーーっ!ですがなこれは!
そっからお大師っさんのハナシやら、遍路中の出来事やら盛り上がる盛り上がる…。いやこれはもう、お大師っさんのお引き合わせに違いない!ワタシがこの施設に勤めるのはお大師っさんのお導きに違いないっ!って確信しました。

いやーもう、お大師っさんひっさしぶりに呼んではるんやわー。
「おまえしばらく四国けーへんけどなにやっとんねん」ってね。
身近にお遍路経験者がいてて、その経験談を分かち合えることの幸せに浮かれておりますよ。

んでもって日帰りツアー実行委員長に据えられてしまった今、旅行会社の見積額に目が点になっている有様。
お遍路の諸先輩方、なにかいいアドバイスをいただけたらうれしーのですが…。
[PR]

by ke-ko63 | 2016-08-30 23:16 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(12)  

めざせ結願!小豆島遍路4 初日終了

内海あたりを走っててみつけたグリル山というレストランでランチタイム。
地元の方々の集いの場的レストランと見た。みなさんが楽しげにお食事される中、これまでのルートをおさらいしつつこれからのコースどりを考えながら、オーダーしたのが運ばれてくるのを待つ。
ここまで12札所をクリア。あぁ忙しい…。
e0008223_21215800.jpg
札所でお会いするお大師っさんの雄々しいこと…。

お腹を満たした後、午後もガンガンいきまっせーな勢いで札所を巡る。
般若心経を唱え中、田舎にありがちな移動販売の大音量BGMが流れてきた12番 岡之坊、お参りしようとお堂の中に入り納め札を納札箱に投入しようと前に行くと突然大音量のピーピー音が鳴り出し、心臓止まるか思うほどのびっくり。
e0008223_21220580.jpg

e0008223_21214751.jpg
海がほんっとにきれい。海があって山があって言うことなしですな。ビバ小豆島!

しばらく鳴り響いたあと、ようやく止まったピーピー音にホッと胸をなでおろし、あらためてお賽銭を投入しようと前にでるとまたもやピーピー音。

オイッ!もうえぇやろっ!こちとらお参りやっちゅーねんっ!

と、怒りながらお参りした87番 海底庵。たぶん無人庵ゆえの野猿やイノシシの侵入よけなんだろーけど、お参りする他のおへんろさんはきっと必ず間違いなくキモを潰すに違いない。
e0008223_21215481.jpg
どこのお寺さんだったっけか、お堂を回りこんだところになぜか白いぞーさんが…。
神社によくいる神馬はたいがい白い馬だけど、これはなんなんだろーか?

次第に暮れなずんでいく小豆島の景色に、うっとりする間もなくとにかく寒い、寒い…。寒すぎて後半はよく覚えてない。
e0008223_21220909.jpg
とにかく早く宿に着きたい。宿についてお風呂に入りたい…な思いだけで札所を巡り、5時過ぎに待ちに待ったチェックイン。
前回ひとりで小豆島に来た折にお世話になった旭屋旅館に今回もお世話になる。おかみさ~ん、おひさしぶり~
e0008223_21221520.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-17 21:29 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

めざせ結願!小豆島遍路2 小豆島上陸

下船して、まずは6番 田ノ浦庵。
途中すれ違ったおばあさんに挨拶すると、「えら~いはよから…」と会釈を返してくださる時間は7時半。
5番 堀越庵、11番観音堂をまわる。
観音堂は、別名いたち観音と呼ばれてるそうで、願い事を白壁に書いてお願いすればきっとかなうのだとか。白壁は落書きのような願い事でびっしり埋まっておりますよ。ワタシが書いた願い事は…ヒミツ。
e0008223_20543533.jpg
ここまで廻ったところで腹ごしらえ。島にある貴重なコンビニで、おでんとおにぎりで朝ごはん。コンビニ前のベンチで「いただきます。」
e0008223_20562702.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-05 20:58 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

めざせ結願!小豆島遍路1 2年ぶり~

新年おめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------
いろいろあった2015年の締めくくり。
ふと思い立ち、29日から2泊3日の"めざせ結願!小豆島遍路"へ行ってきましたよ。
夜行便のジャンボフェリーは、まぁまぁの混雑。煌々と照らす天井の蛍光灯になかなか眠れず、それでもやっとウトウトした頃にアレですわ。アレ。
船内に大音量で流れるジャンボフェリーの歌。夜行便は神戸から高松経由で小豆島へ向かうのだけど、高松港到着を知らせるのがジャンボフェリーの歌。
e0008223_13112966.jpg
高松港で多くの乗客が下船し、ガランとした2等船室でわれわれも下船の準備をする。
お腹すいたー。小豆島ならそうめん!だけど、悲しいかな年末。たぶんどこもやってないだろなーと思ううち、坂手港に到着。
前回の小豆島遍路から2年2ヶ月、さぁ、しゅっぱ~つ!


[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-02 13:12 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

知多四国遍路 いよいよゴールへ 完

途中、名古屋市農業センターでらファームに立ち寄り、つかの間のほのぼのタイム。
もーもーさんや、ぶーぶーさんがまったりのんびり過ごしている様子を眺めながら、牛乳やアイスをいただきました。
e0008223_14423587.jpg
e0008223_14440717.jpg
e0008223_14360944.jpg
おやつタイムを終えて、知多四国もいよいよ最後の結願札所へ。
乱れ打ちのクルマ遍路ではじめた知多四国八十八ケ所、思い起こせば2年前の年末からスタートし、何回かにわけての今回のゴール。
八十八ヶ所+番外札所十ヶ所の九十八ヶ所を納めたあと、結願報告にお参りするのが八事山興正寺なのだそうです。
e0008223_14344930.jpg
名古屋市のまちなかにありながら、ちょっとしたハイキングも味わえるくらいの広大な敷地。そして、なぜか階段横には雨除けついたロングエスカレーターも設置してあったりで、かなり潤ってらっしゃるご様子。
e0008223_14353421.jpg
e0008223_14314536.jpg
顔出くんのお坊さんバージョンみっけ!
e0008223_14320792.jpg
またまたレアな顔出くんに狂喜!

無事お参りを納め、これにて知多四国八十八ヶ所終了でございます。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-12-27 14:48 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

知多四国遍路 いよいよゴールへ 3

気づけば年の瀬。いろいろ片付けないといけないことが多すぎて…。
って毎年言ってるよーな気がしないでもないんですけどね。

とりあえず知多四国八十八箇所をゴールします。

----------------------------------------------------

クルマで走ってると、前方に巨大大仏っつぁんを発見。
唐突に、ほんと唐突に目の前に出現した大仏っつぁん。
とくに文化財とかそーゆーのでもなさそうな、公園に鎮座まします大仏っつぁんの周りをぐるりと歩いて回り、クルマに戻ります。
e0008223_22395414.jpg
その後も機嫌よく札所を巡り、ある納経所で遍路装束のお二人に声をかけていただく。
e0008223_22405023.jpg
やはり、他県ナンバーは目を引くんでしょうな、「大阪からだよね?」と。
そして、納経所の方も交えてお話しさせていただきましたよ。
ここではじめて知ったのは、"おくりさん"というコトバ。
e0008223_22430808.jpg
遍路装束の方がしきりに使われるのでお聞きすると、お寺の奥様のことを指すのだとか。そうか、”お庫裏さん”なのね?庫裏に住んでるからお庫裏さん。
そしてそのお庫裏さんにモーレツに励まされてしまうという…笑。
いやいや、そない励まされるほどショボくれてましたか?ワタシ。てな具合なんですが、一緒にいた妹も巻き添えをくって励まされておりました。
e0008223_22422725.jpg
遍路装束のお二方からは、「大阪からわざわざ区切り打ちで知多四国を周りに来てくれるなんて感激!」みたいなことをしきりに言われ、がっちり握手した手を上げにブンブン振って喜んでくださいました。
その流れ?なのか、お庫裏さんとも握手して再び激励の嵐。
そやから、そないにショボくれてませんて…と思いつつも、いやもしかすると母を看取ってさすがにちょっと落ち込んでいたワタシのオーラを察知して、ゆえの励ましだったのかもしれない…とお寺を後にしてから思い返しております。
e0008223_22433545.jpg
そのお庫裏さんイチオシのブツゾー。テレビ見てるみたいなお釈迦さん。リラックスしすぎやん。

人との出会いは財産です。ほんまにそない思います最近…。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-12-23 22:46 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

知多四国遍路 いよいよゴールへ 1

知多四国も残すところあと少し。
シルバーウィークを利用して、一気にゴールへ!と鼻息荒く乗り込みました。
母の回復を祈って毎日書いていた写経を、お参りするたびに「お世話になりました」と頭を下げながら写経箱に投入します。
e0008223_21082138.jpg
小刻みなお参りゆえか、お寺の印象が…汗

知多半島に点在するといっても、四国の1200kmを思えば…。それにクルマでまわってるから、始終お経を唱えてるような状態です。
e0008223_21092887.jpg
ごぶさたしております、お大師っさん
e0008223_21094214.jpg
こ大師っちゃんもぎょーさんいてはります
e0008223_21095524.jpg
ヤンキー大師も…?いえいえ、これはめがね大師というそうです。

途中、彼岸花がみごとに咲き誇っている一帯があり、ちょうどお彼岸でもあることだしちょっと寄り道も。
とにかくすこぶるいいお天気だったシルバーウィーク。
前日に、西国巡礼満願してるし、この勢いで知多四国もいっちゃえ~!てなもんです。
e0008223_21110924.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2015-10-05 21:14 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

新春バス遍路 8

4番大日寺。
そうそうここまで歩いてきて、ちょいとアンヨが痛むので靴下脱いで初テーピングしてたら、タクシーのおっちゃんに冷やかされた場所。
今回は、全く歩かずのバス旅なので冷やかされる心配もない。
e0008223_22462678.jpg
この大日寺あたりから空はにわかにかき曇り…
雪が降りだしましたよ、お~さむっ。

そして5番地蔵寺。バスだと5分ぽっち。
でもねー、お寺の間隔が近いとバスに乗ったり降りたりが頻繁で、意外と疲れる。いやさ、これも修行…。
雪が激しくなってきた。そう、バスに乗ると雪はやみ、お勤めに入ると横殴りに降りしきる。これも修行なのねん…。
e0008223_22465317.jpg
前に来た時、レジ袋いっぱいに拾った銀杏を詰めたのを「持って行きなさい」と下さろうとしたおっちゃんの、お接待を心ならずもご辞退申し上げたのを思い出す。
e0008223_22464771.jpg
いやだって、軽く2キロくらいありそうだったもん…てのは横においといても、未だに申し訳なかったなぁと…その境内の大銀杏を見上げて懐かし~気分にどっぷり浸ってると、「はい、次いきますよ~」と集合の号令。うぅ~ん…。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-01-30 22:48 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

新春バス遍路 7

5分ほどで3番金泉寺に到着。
前に歩いた時は、田んぼの畦道のようなところを歩き、気づいたらお寺の脇から境内に入っていたっけか。
そして、この地で力尽き、お宿の方にお迎えにきてもらったところだ。バスだとあっけない。
e0008223_22440460.jpg
先達さんから「黄金井の泉」のレクチャーを受けるやいなや、みなさん我先にと井戸へとまっしぐら。
覗きこんだ井戸の水に自身の顔が映ったら3年長生きするのだとか。
さらに、「弁慶の力石」についても説明してくださる先達さん。
お参り指南と観光ガイドをこなすというハードワークだ。正月早々よー働かはる。
e0008223_22435068.jpg
山門の仁王様の腹筋がいったいいくつに割れてるのか数えてると、出発の時間となりバスに乗り込む。

[PR]

by ke-ko63 | 2015-01-20 22:52 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

新春バス遍路 6

次の札所へ着くまでのほんの数分が、われわれツアー参加者に与えられたランチタイムだ。
手渡されたお弁当を黙々と食べるかけ連れさんたち(といってもバス旅だけど)。いや、ワタシだってめいっぱい口の中へ押し込んでもっしゃもっしゃ食べている。
楽しいはずのランチタイムが、1番札所で「鐘をつきたい」と言い出したおっさんのせいで、過酷な早食い競争になってしまった。
いや、もしかして、これも修行なのか?
歩かないへんろ旅。あったかいバスの中で過ごせるランチタイム。少々時間がおしてたって頂けるごはんがあるだけでもありがたいのかもしれない。そうだ、これも修行なのだ。

なんて考えてると、バスはあっという間に2番札所に到着。
んなもん3分で食べきれるはずもなく、駐車場にとめたバスの中でランチタイムは10分延長された。急いで食べて損したやん!
e0008223_10254535.jpg
お腹いっぱいになったところで2番札所。極楽寺の山門をくぐる。
先達さんの話で思い出した、そうそうお大師っさんお手植えの長命杉。前に来た時は、紅白のヒモを綱引きよろしくオーエスオーエスって言いながらひっぱったんだった。(写真は当時のものです)
e0008223_10303792.jpg
8年前かー。
当時は、なーんも考えてなかったなー。なーんも考えずにニタニタしながら歩いてたんだった。お気楽やったなー としみじみしながら今の長命杉を見上げた。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-01-16 10:34 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(0)