カテゴリ:へんなもん( 35 )

 

辻占煎餅

先日伏見稲荷にお参りした帰りに買った辻占煎餅。
白味噌がほんのり香る一枚一枚手焼きのおせんべいに、おみくじが入ってるの。
2つ残ってたから食べてみた。出てきたおみくじは『吉』。
e0008223_22214514.jpg

総合運…能力以上は望んでませぬ。ゆえに長期展望なんて悠長なことゆうてられへんねんけどなー
仕事運…はいはい。絶対にのらない。のらなかったのに、去年エライ目に遭いましたがな。かなんなー
健康運…おっしゃるとおり。

なかなか的を射ている辻占だ。そう健康ではないけれど、毎日美味しいと思える食事は心がけたい。だって、あとどれくらい美味しいものを美味しいと思いながら食べられるのかわからないもの。
だけども最近そう美味しいと思えるものって食べてないよなー。今夜だって、帰宅が遅かったからスーパーのお刺身とビール2本だし…。
旬のものがおすすめって辻占にあるけど、旬のモノで今美味しいのってなんだろーか?

あー、今ちょっと馬力が足りんので、新鮮な馬刺し食べたいなー。でも、馬刺しの旬って・・・?
あー、何年か前に出かけてって食べた坂越の焼き牡蠣あれはうまかったなー。亜鉛は摂らなあかんらしいし…。
あー、ふぐやん、ふぐっ!何年か前に食べた安乗ふぐのコースうまかったなー。

思い起こすとみんな昔食べたものばかり。最近ほんとうまいもん喰ってないなー。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-01-31 22:25 | へんなもん | Trackback | Comments(4)  

十五夜だけど・・・

台風のせいで今夜のお月さんは期待できそうにありません。

お月見だんご。大阪はまんまるのお団子じゃなくてあんこの帯をまとってます。

十五夜の別名『芋名月』からこんなデザインなのでしょうか?子供の頃からお月見は、こんなカタチです。

お彼岸のときのおはぎのあんこのストックで、作ったけれど里芋というよりも、腹巻したヌリカベみたい・・・。

台風がひどくならないうちに母に届けに行ってきます。たぶん、合格点もらえないけど・・・(^_^;)

e0008223_11435941.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-09-30 11:43 | へんなもん | Trackback | Comments(6)  

雨の訪問者

台風がすぎてもまだ降る雨。
よー降りますなぁ…。

玄関先に出て、空を見上げた後部屋へひっこもうと何気なく床に目をおとしたら、「あらま、どなた?」

じーっとしてるから(それでも腰が引けながら)パシャリ。

しゃがみこんで観察(遠目にだけど)

体長15センチくらい?ちっこいオテテはちゃんと5本指。かわいいねぇ

で、これってなんだっけ?イモリ?ヤモリ?サングラスしてないからタモリではないね。

e0008223_15385912.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-06-21 15:38 | へんなもん | Trackback | Comments(0)  

泣きっ面に蜂

そろそろシャバの暮らしへシフトするためにも、ボッサボサの髪を切って明るめの色に染め、久しぶりに気分リフレッシュ♪ 

病院のすぐ近くの店をネットで予約し、看護婦さんに留守をお願いして久しぶりの美容室で担当してくれたおにぃさんと、旅のハナシで盛り上がって、ハナウタまじりで部屋に戻ってくると電話が鳴った。

「まさに、泣きっ面に蜂ですね」

電話の向こう側の人に言い放たれた今日の名言。

たしかに。踏んだり蹴ったりですわ。

ま、でも、これで全力で看病できるっちゅーもんですわ。何事もえぇ風に考えんとね。

しかし、お大師っさんが与える試練のなんとチビシーことか…。

とりあえず、美容室のおにぃさんが明後日カノジョとデートするのにオススメの京都をおせーて!って言うんで、はりQプランをメールしたりなんかして…。

その後。
頭ん中まっちろけーです。酒が飲めない環境でよかったかも・・・と、初めて思った夕暮れ時です。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-02-15 17:35 | へんなもん | Trackback | Comments(2)  

ナミダスイッチ

ここ最近どうにも涙腺がぶっ壊れたみたいに泣けてくる。
特段悲しかったり、感動的だったりするわけではないのに。
やさしいことばをかけられたり、「がんばってるね」と労われたりするともうダメ。
シクシクじゃなくて、オンオン。

こないだ通勤途中に遭遇した、こども見守り隊のオレンジジャンパーの田中星児似のおじさんにも泣けたし、会社に出入りしてる業者のおっちゃんに掛けられた言葉にもウルウルきたし、四国遍路のテレビを見ていてもワンワン泣く。泣けるシーンじゃないのに。

いつスイッチが入るかわからないから始末が悪い。

夜、手紙を書いててもスイッチオン。因幡晃か!って自分にツッコミいれつつ・・・。

イトコからの「体大丈夫?」というたった1行のメールには、しゃくりあげるくらいの泣きっぷり。

見事に色づくイチョウ並木の御堂筋をクルマで走っていても、(´;ω;`)ブワッと来て、運転しながら男泣き。

極め付きは、母親の主治医と話していてスイッチが入ってしまったからもういけない。その場を外すわけにもいかず、目にいっぱい溜まったナミダは、ぽろぽろぽろぽろこぼれ出し、そんな深刻な話ではないのにナミダは止まらない。
「泣かんとって…。お願いやから…」と先生を困らせてしまった。ごめんなさい。
同席していた看護師さんがティッシュを丸めて渡してくれたらもうダメ、ヒックヒック言い出した。

情緒不安定なんだよ。
そう、あっさり切って捨てるように言う人がいた。
その言葉が、グサリと刺さってスイッチが入った。

そんなかんたんなことじゃないよ。なんでそんなこと言うの?

いろいろひとりで背負い込んで、がんばってるつもりだった。けど平気なふりをしてた。

でもね、がんばれることにも限界があるし、自分の身も持たない。
スイッチが入ってしまうのは、我慢や不安や疲労や憂鬱がMAXになる手前で、ココロを解放してくれてるんじゃないのかな?なんて自己分析。

「ほら、また泣いてるでしょ?」って、こっそり木の影から覗かれてるのを見ると、クスッと笑えて、そして安心する。ありがと。だいじょうぶだよ。
e0008223_23392434.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2011-12-08 23:40 | へんなもん | Trackback | Comments(0)  

近江路再訪ツアー その1 伊吹もぐさ

伊吹山、前回の取りこぼしを拾いに行くツアー。
で、米原まで新快速に乗り込む。
前回は特に考えずに新幹線に乗ってビューンと30分で到着したけれど、乗車券よりも特急券のがベラボーに高いことに今更気づいて今回は新快速。
ただし、1時間半という乗車時間に改めて"時は金なり"を実感する。

サンドイッチ食べたり、本を読んだり、うたた寝したりでなんとか1時間半をやり過ごし、米原で下車。
お迎えのクルマに乗り込んでレッツらゴー♪

まずは、前回の伊吹山ツアーの折、閉店していた中山道の柏原宿にある"伊吹もぐさ"のお店へ…。
伊吹山といえばもぐさなのだそうだ。ふぅん…。
もぐさは、よもぎの葉の裏側のホヤホヤした毛を精製したものだということも知らなかった。
もぐさ=お灸。子供の頃、悪いことすると「やいとすえるよ!」とビビらされたことを思い出す。実際にすえられたことはないけれど、やいとがどんななのかもわからなかったのにたいそう怖かったのを覚えている。

で、その伊吹もぐさを売ってるお店の店頭に巨大な福助人形が鎮座ましましているのだが、前回は閉店していてガラス越しにしかお目にかかれなかった。
なんとかカメラにおさめたくて再訪したのだが、え?今日も閉店?いや、写真撮影禁止の貼り紙。あらま、そうなの?チェッ。

福助って、足袋のメーカーで有名なあの福助なんだけど、ほんとはもぐさやの手代だったのだとか…。お客に常に感謝の気持ちを忘れない腰の低い手代だった福助のいる店はたいそう繁盛したことから商売繁盛のマスコットといえば福助となったんだそうな。
なのに、写真撮影禁止ってのはいかがなものか…
そんな融通のきかない店主にやいとをすえてやりたい気分で、次の目的地へ…
[PR]

by ke-ko63 | 2011-10-02 21:19 | へんなもん | Trackback | Comments(2)  

9月24日土曜日 後編

まったりとベンチでおやつタイムを過ごしたあと、みんぱく(国立民族学博物館)に向かう。

世界各国の民族の文化や歴史などを常設展示してあるほか、企画展示も楽しめる。(このときは、ちょうど展示物の入れ替えで企画展示はおやすみでした。(-´ω`-)シュン

常設展示もときどき模様替えするようで、たまーに行くとおもしろい。

カメラガールがひとつひとつのモノを慈しむようにシャッターを切っているのを横目に、相変わらずぺちゃくちゃおしゃべりしながら二人で歩く。
そんな合間にワタシの写真家魂を刺激した展示物あれこれ…。
作品タイトルは勝手に命名です。

作品1・・・おっそろー♪
e0008223_198428.jpg

作品2・・・針のむしろで昼寝したら…
e0008223_199380.jpg

作品3・・・赤ら顔でゴメン
e0008223_1991939.jpg

作品4・・・うかれすぎなじじい
e0008223_1993640.jpg

同じものを見てるのに、反応するポイントが全く違うというこの事実。
やっぱり感性っていうのは日々研ぎ澄ませなければならんのだなぁ…と、カメラガール(kirakira紡ぐの はなさんです)が向けるレンズの先を見ていてしみじみ実感…。
おもろいもん探し過ぎな自分を反省…。

みんぱくへ来て、おみやげでもないけれどウロウロ覗いてたらカワイイ風呂敷を見つけてしまった。風呂敷とか手ぬぐいとかの類に弱いんスよねぇ…。
あと、ペルーの人が作った鉛筆キャップもかわいいでしょ?
鉛筆って使わないけど、ま、いいんだもーん。
e0008223_1995786.jpg

秋の一日。
たくさんしゃべって、たくさん笑って、たくさん食べて(ランチもりもり♪)、そしてたくさんはしゃいで・・・
楽しい楽しい一日だった。ありがとねー、またいこーねー♥
[PR]

by ke-ko63 | 2011-09-28 19:11 | へんなもん | Trackback | Comments(2)  

夏遍路トレーニング - 両界山 横蔵寺 -

むし養いに鮎の塩焼きを食べたあと、さらに山奥へと走る。
「次は、ミイラを見に行きます」というツアコンさんの予告に、「゚(∀) ゚ エッ?」聞き違い?と思いながらもヒグラシの啼く鄙びたお寺に到着。
両界山横蔵寺。

蝉とりなのか、おとーちゃんと一緒に虫採り網を振り回している小さなボクがいた。
首からぶら下げた虫取りカゴの中は空。戦利品はまだのようだ。

もみじの新緑が涼やかな山寺の雰囲気を助けていて、しっとりとした"わび・さび"ムード満点だ。(あまりに見事な景色に、写真を撮るのを忘れてうっとりとほーけてみとれておりました♡)
山門へと続く壁は、「ん?穴太衆の仕事か?」な見事な石組みで、木造の寂れた山門には、いらっしゃる筈の仁王様がお留守のご様子。
「あら、コンビニでも行かはったんかしら…?」

さっきの華厳寺に比べて、参詣者もまばらでひっそりとした境内を歩いて行くと、お堂の前にいたおばちゃんに手招きされた。「はいはい。こっちこっちー。イラッシャーイ」
お寺の拝観で呼び込みに遭うのは初めてかもしれない…。なんだか無視できないオーラを発しているおばちゃんに引き寄せられるようにお堂へ入ると、「はい300円」と手をパーにしてまんまと徴収される。

センターに立派な伽藍があり、近くに寄るとその中に円筒形の小さな厨子が安置されていた。ご本尊は、伝教大師が背たろーてここに安置することに決めたというありがたーい薬師如来像。ただしこれは60年に1度の御開帳だとかで、厨子の扉はぴったりと閉じられていた。(T_T)

お堂の中は、十二神将がずらりと勢ぞろいで、おばちゃんの説明によると干支によって守護神が決まっているのだとか。「えーっと、じゃあワタシはこの人だね。あんじょう守ってくださいやー。」と、該当の干支の神さんの前でお願いする。(誰かはヒミツ)

他にも坐像の大日如来さんもいらしたが、ワタシの目を釘付けにしたのはセンターの厨子の向かって左手に立像でポージングしている仏像だ。
木造深沙大将立像。
解説を読むと、三蔵法師と共に旅をした沙悟浄のモデルなんだとか…。
そうかなぁ。髪の毛は逆立っちゃって、目ん玉はこれでもかってなくらい飛び出てる。そして、なぜか裸体にフンドシ。まぁ、それはいい、問題はその小さなフンドシから何故かおかっぱ頭のおんなの子が顔を出しているのだ。位置的にも微妙…。なんでそこにいるのだ?
それともこの沙悟浄は、フンドシにリカちゃん人形を差し込んでいるのか?いちびってるのか?どうなのよ?

おばちゃんに尋ねようとしたけれど、他の参詣客をゲットすべく外にでてしまっていて不在。
隣にいてフツーの表情で同じ像を見ているツアコンさんに恐る恐る尋ねてみた。

「あれはカンガルーのこどもなんです」

これにはウケた。しばらくツボにはまって笑いが止まらんかった。いや、スゴイ。おもろすぎ。
国の重要文化財を前に、ゲラゲラ笑うワタシに怪訝な顔のツアコンさん。
持ち場に戻ってきたおばちゃんも、変な顔でワタシを見てた。

e0008223_22412029.jpg

※画像は、パンフレットより。シロクロだからわかりにくい?ほら、フンドシのところから「コンニチワー」でしょ?
[PR]

by ke-ko63 | 2011-08-25 22:49 | へんなもん | Trackback | Comments(2)  

おばばとすなる土佐日記 遍路じゃないけど24

e0008223_2348282.jpg

四万十川沿いの道の駅でみつけた、かおだしくん。

ここは、きのこの栽培が盛んなのか?そうなのか?
[PR]

by ke-ko63 | 2010-02-23 23:48 | へんなもん | Trackback | Comments(2)  

ぎょうさん買ぅたってやー

e0008223_12523346.jpg
ここんとこしばらくは、高知、高知と騒いでおりますが、アタシャれっきとした大阪のおばちゃん。
大阪のこともたまには、アピールせねば・・・。

とゆーわけでもないけれど、17日からスタートした橋下クンの景気底上げ作戦の、大阪まるごと大売出しキャンペーン。
その名も『大阪府プレミアム付商品券ぎょうさん買(こ)うたろう!』だ。

¥10000で、¥11500分の商品券となっており、かなりオトクなのだ。
ただし、購入できるのは大阪府民限定で、ひとり1冊まで。
しかし、大阪府民であることをどうやって証明するのだろう?(ちなみに、大阪府在勤は×なのだそうで・・・)
さらには、ひとり1冊もなんのその、何度もレジに並んで15冊ゲットしたおばちゃんもいるという。

ま、景気底上げにつながりゃーえぇワケで・・・。

で、ナニが"プレミアム"なん?って思いつつオフィシャルサイトを見てたら「フツー、10%オトクってぇのが定番だけど、15%オトクってところが"プレミアム"」なんだとか。なるほどねー。

いっちょ、買(こ)うてみよか。
と、思えどもナゼに給料日前なのよ、橋下クン・・・(涙)
[PR]

by ke-ko63 | 2010-02-18 12:54 | へんなもん | Trackback | Comments(4)