<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

出雲大神宮

丹波国一宮 出雲大神宮に行ってきましたよ。
お手本のような五月晴れもあいまって、神域に一歩足を踏み入れると清々しい気分です。
e0008223_18145683.jpg
e0008223_18152730.jpg
e0008223_18154042.jpg
出雲といえば、出雲大社。オオクニヌシノミコトですな。とゆーことは、こちらは彼の地の支店にあたるのか?
予備知識なく縁起などを読んでいると、あれあれ支店はあっちの方でした。
由緒正しき出雲大神宮から大国さんを出雲大社へ派遣したのでこっちを"元出雲"とよんだりもするそうですが、ま、諸説あるそうです。
e0008223_18163464.jpg
社殿のうしろにある小高い山をご神体としているそうで、ちょっと入ってみると、「こっから先はあきませーん」的な標識があちこちに…。
e0008223_18162107.jpg
e0008223_18160924.jpg
e0008223_18155110.jpg
e0008223_18313047.jpg
白兎を抱いた大黒さんのおみくじはおしりから出てきます。中吉でした。
そもそも一宮ってなんなん?と思い、調べてみると「へぇ~」と思うことしきり。
こりゃー全国一宮参りなんてのもおもしろそーですな。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-29 12:26 | ありがたいもん | Trackback | Comments(2)  

久しぶりのお遍路 知多四国へ2

GWの知多四国2日目。
e0008223_11015377.jpg
ちょっと左に傾いでるお大師っさん。なんだかかわい~な
e0008223_11014472.jpg
びっしり地蔵
あまりにいいお天気すぎ、そして、海辺で大アサリとくりゃー飲まずにおれまい!
で、ビールで至福のときを過ごすランチタイム。
お遍路午後の部からは、お参り後の納経所へは同行の妹を派遣。お大師っさんすいません。
e0008223_20301212.jpg
午後からもアチくて、汗ばむ陽気。
そんな中、お茶とおこうこのお接待をしてくださってるお寺さんでは5人前くらい頂いてしまいましたよ。お寺さんごちそうさま。
e0008223_11082191.jpg
e0008223_11083000.jpg
塩分補給は忘れずに…。
納経帳は、四国のそれとは違い帳面にスタンプを押していただくだけなので、(別料金払えば墨書してもらえるかも?)お寺の方となかなか会話するまでには至らず、ちょっとそれが残念。
e0008223_11060970.jpg
びっしり大師
e0008223_11020306.jpg
びっしり大師2

久しぶりの知多四国で最初に伺ったお寺さんでは、納経代に(四国と間違えて)300円差し出してしまい、お寺の方に「100円でいいですよ。300円でもいいけどね」と言われてお互い顔を見合わせて笑ったことくらいかな、お寺の方との会話って…。
e0008223_11013559.jpg
e0008223_11012377.jpg
途中、地元のお祭りにでくわしてしばらく見物したり、INAXライブミュージアム で涼んだりもしながら、やっぱりここでも寄り道ばっかりの遍路旅でしたよ。
e0008223_11033323.jpg
亀崎潮干祭(しおひまつり)というそうで、みごとな山車が勢揃いするそのさまは圧巻です。
e0008223_11083741.jpg
山車それぞれにことなるからくり人形がしつらえてあった順にお披露目されてます
e0008223_16441891.jpg
常滑といえばやきもの。もっと時間があればうつわをさがしてみたくなります
e0008223_16435228.jpg
トイレもこのとおり。タイルでこんなにPOPに…。
e0008223_16434521.jpg
e0008223_16433887.jpg
織部焼の小便器。日本人ってすごいな~
あともう1回で知多四国は結願できるかも…。さてさてそれはいつになるやら…。
小豆島も行かなきゃならないしね~、困ったもんだー


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-25 17:21 | ありがたいもん | Trackback | Comments(0)  

久しぶりの名古屋めし

知多四国へお参りついでに、ひさしぶりの名古屋めしをば…
まずはコレ。エビフライ。
おかしーよねー、このサイズ。
数匹のエビを使ってあるらしく、食べごたえはもちろん身ぃもプリップリ。
e0008223_20295908.jpg
そしてこれ。知多半島の港ちかくで必ず目にする大アサリ。
ほんとはアサリじゃなくて、ウチムラサキ貝というのが本名だそうです。
関西ではあまり馴染みがありませんが、焼きたての香ばしいそれでいて見た目ほど大味でなくておいしくいただきました。
e0008223_20301212.jpg
で、〆はコレ。
名古屋といえばひつまぶし。
いえ、コレはお櫃じゃなくて桶に入ってるんです。だから、おけまぶしだって。
e0008223_20302495.jpg
白焼きも頂きました。冷酒と一緒に。
おいしゅうございました。

e0008223_20304005.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-21 18:05 | おもろいもん | Trackback | Comments(2)  

久しぶりのお遍路 知多四国へ

しばらく中断していたお遍路。
GWを利用して久しぶりに知多四国へ出かけてきましたよ。
e0008223_22012435.jpg
e0008223_21552867.jpg
以前は母の回復を願ってお遍路していましたが、母がいなくなった今、さて、なにをお願いしながらお参りすればいいのか?
そう考えながらのお遍路リスタート。
e0008223_22005661.jpg
享年78歳。寿命と考えればそうなのかもしれない。
いや、家系的には長寿なはず。そう思うと、もっといい病院でいい治療を受けさせることもできたのかも…とか、母の最期は母はきっと納得していないんじゃないかとか、今になって思えば手遅れなんだけど、あぁもできたかも、こうもすればよかったのかも…と思うと、ただただ母に申し訳なく、今回のお遍路は母への懺悔のお遍路となってしまいました。
e0008223_21554769.jpg
親孝行したいときに親はなし。
なんだかね、そればっかり考えておりました。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-19 22:05 | ありがたいもん | Trackback | Comments(4)  

東洋一の藤棚 sanpo

日本一じゃなくて東洋一。

その東洋一の藤棚を見物に行ってきましたよ。

e0008223_19381242.jpg
東洋一>日本一。
日本古来の植物ちっくだけど日本以外のアジアでも見られるのか?
それとも、日本一よりもなんとなくスゲェ感を醸し出すためのキャッチコピー?
e0008223_19380060.jpg
いずれにしてもすばらしくビューテホー!
ほら、舞妓さんのかんざしの飾りによくついてる藤の花。風にゆらゆらと揺れるのがステキ。
e0008223_19382646.jpg
暮れていくのに合わせてライトアップもスタート。
これまたとても幽幻な趣ですな。
いま、まさに藤の精が花枝の間から顔をのぞかせて、踊りだしてくるようなそんな感じ。
e0008223_19381790.jpg
川面に映る藤もいいねぇ。
e0008223_19383148.jpg
いつのまにかお月さんも見物に…。
e0008223_19384174.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-13 22:19 | すごいもん | Trackback | Comments(4)  

太市のたけのこと破磐神社

熊本から帰った翌々日。
さぁ、今年も恒例のタケノコ掘りですよー。
姫路の太市にて、いつもお世話になってるFさんと一年ぶりの再会。
Fさんは、相変わらず元気でよかったぁ~。今年もおみやの551の豚まんを喜んでくださいました。
e0008223_23272336.jpg
e0008223_23452086.jpg
タケノコ掘りのあと、毎年気になりつつも行けずにいた、近くの破磐神社を初訪問。
あちこちでウソみたいな伝説を残しているスーパーウーマン神功皇后の逸話がここでも残されていて、3本の矢を放つとそのうちの1本がここ太市の大岩にあたり、岩をパッカーンと真っ二つに割っちゃったという伝説が残る神社。どんな矢やねん。
こりゃーかなりのパワースポットですよ。
e0008223_23274659.jpg
e0008223_23273544.jpg
境内は森閑としており、静寂な空気に包まれていて、タケノコ掘りの勢いでやってきたわれわれはちょっと場違いなような罰当たりなような気分で参拝をします。
お守りを頂いて帰ろうと、インターホンを押すと神主さんというより、仙人のような風貌の方が出ていらして、こちらの神社のありがたいお話をしてくださいました。
パッカーンの大岩の場所も手描きの地図で教えていただき、いざ、大岩へ。
e0008223_23275247.jpg
これッスよ。これ。デカないスか?
想像以上にデカくてビビりました。伝説あるところに神功皇后あり。このでっかい岩を放った矢で割ってしまうとは…。いやはやおっとろし~おなごです。
e0008223_23281076.jpg
e0008223_23280496.jpg
e0008223_23275967.jpg
大岩のまわりをぐるぐる回って写真を撮ってると、Fさんから電話で呼び出され、再びご自宅へ伺って、今見てきた破磐神社の話や大岩の話をコーフン気味で話すと、「あそこの神主同級生。大岩見に行ったことない」と。

「大岩見た方がいいッスよ。絶対いいッスよ。ぜひぜひ・・・」と強くプッシュして帰ってきました。
仙人いや、神主さんがおっしゃるに、口コミだけでお参りに来てくださる人が結構いるとか。それも、こちらのパワーに引き寄せられてのことなんでしょうな。

太市に毎年くるのもFさんのパワー。
Fさん、今年もお世話になりました。また来年も伺いますよ~


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-09 23:51 | ありがたいもん | Trackback | Comments(4)  

九州への旅ですばい その3 年をとるということ

四十九日の法要と納骨を済ませた翌日、叔父さんがドライブに連れてってくれるというお言葉に甘えて天草へ。
e0008223_19025687.jpg
途中、かかし祭りなるお祭りに遭遇しましたよ。
e0008223_19030431.jpg
この叔父さんの取り扱いについては、事前にイトコにいろいろと聞かされていて、走り出したら止まらないからよくよく気をつけて…。ということだったけど、叔父さんは話が長い、そして果てしない、そして空気を読めないという三重苦なんだとか。
e0008223_19032166.jpg
崎津天主堂。ステキ~ィ!この日は平日だったので、観光客もわれわれのみで貸し切り状態。教会の中にも入れます。撮影ダメなのが残念。
e0008223_19032846.jpg
ほっそい路地を入って行くと…
e0008223_19033640.jpg
海に出ます。

e0008223_19203195.jpg
海と天主堂。いいなぁ~、すごくいい!

たしかに昨日の法要あとの会食でもワンマンショーだったし、そのあとも家に上がり込んで2時間しゃべりまくるという疲れ知らずな叔父さんは、今朝も絶好調なようで話に夢中になるあまり道を間違えることしばし…。
e0008223_19040106.jpg
叔父さんがしゃべりすぎて、予定していた「うまい魚を食べさせる店のランチ」に間に合わず、通りがかりのお店でチャンポン。そうです、長崎が近いもんね。
が、「猫舌だから」と冷めるまでしゃべりまくってた叔父さんのチャンポンは冷めるのを通り越して完璧にのびてました。ワハハ~

久しぶりの母の故郷で、いつも頼りにしていた伯父さんや伯母さんがすっかり年をとってしまってひとまわり小さくなっちゃったことや、法事の間も耳が遠くなってしまったせいかあまりしゃべらずずっと置物ののように座ってる伯父さんを見ていると、年月の流れをいやというほど思い知らされました。

が、しかし!
この叔父さんは無敵。ザ・チャンピオン。
地元にまつわる歴史の話から、経済の話、政治の話題になったかと思いきや、孫が可愛いくってしかたないって話、そして見聞を広げるために訪れた海外の話などなど話題は多岐にわたるマシンガン叔父さん。叔父さんの取り扱いについてはイトコから注意点を聞いていたけれど、わたしは案外楽しめました。
e0008223_19040939.jpg
大江天主堂。ここもステキッ。

でもね、この叔父さんが元気でよかった。
みぃ~んな年とっちゃってすっかりおじいさん、おばあさんになっちゃったのが、当たり前なんだけどなんだかショックだったのよね~。
叔父さんの奥さんが母の妹で、その叔母さんが愛用していた帽子をいつも被ってどこへでも行くという叔父さんは、叔母さんが亡くなってもう10年以上になるけれど今も愛妻家なのがステキ。

叔父さんといちんちじゅう話すのもはじめてだけど、これも母のことがあってのおかげのような気がします。

翌日、大阪へ帰るときになって駅まで送ってくれるイトコのクルマに荷物を積み込んでると、叔父さんが空港まで送ってあげるとクルマで来てくれたけど、駅に向かう車中でイトコが「空港までまたずーっとしゃべるつもりばい。」とあきれてたのがおかしかった~。
叔父さん、バイバ~イ。また今度きたときにどっか連れてってね~ ってげんまんして別れました。

母のための里帰りだったけど、わたしにとっていろいろ考えさせられる故郷訪問でした。みんな年をとっていくのはさみしいけれど、そこそこ元気でいてくれるのがイチバンです。
なんやかんやゆうて、故郷訪問するのクセになりそうです。

                      おしまい


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-07 19:31 | うれしーもん | Trackback | Comments(2)