ビバ!和歌山

e0008223_22241861.jpg『熊野古道を歩く』というテーマで一泊二日の旅にでました。
ルートは、みなべICからR311経由。
R168へ抜けて新宮から紀伊勝浦まで足を伸ばして一泊。
翌日は勝浦漁港を見学して古座川へ走り、カヌーデビュー。
R42を走り、イノブータンランドすさみ を経由して みなべICから帰阪コース。

ほんまは、写真のような格好をして歩くつもりでしたが、あまりのお天気のよさと、レンタルとは思えない本格衣装を見ただけで汗が噴き出したので断念。
先を行くカップルを撮影しました。




e0008223_11321867.jpge0008223_11291779.jpg『和歌山』いたるところに「世界遺産」の標識が。熊野古道、熊野川、熊野本宮・・・。
そんなありがた~い世界遺産まみれの和歌山ですが、
途中の渡良瀬温泉では、西日本最大級の温泉に浸かり、昼食に立ち寄った店で食べた熊野牛の焼肉定食は、口元の緩むウマさ、熊野本宮大社では、茶店で食べためはり寿司がことのほかうまい。e0008223_11373596.jpg
勝浦漁港近くで食べた食堂のまぐろ丼は、今まで食べてたマグロはなんやったんやろ?な味わいで、朝から顔もとろとろに・・・。

和歌山は、いいところです。
温泉あり、サカナあり。
隠居したら田舎暮らし 候補地のナンバー1です
[PR]

# by ke-ko63 | 2005-05-04 21:54 | Trackback | Comments(6)  

出石から香住 そして城崎へ

昔通った香住の民宿で食べさせるカニがうまいからと、ひとりでハンドル握るのが不安な雪道に甘い言葉で誘う。しめしめ。
いつもの民宿が、とれなくて同じ地区の初めての宿を予約して、いざ出発。


e0008223_20122196.jpge0008223_20191280.jpg途中、出石では皿そばのはしごをし、朝早くから出発しなにもおなかにいれてなかったのでもりもり食べる。だいたい一人前が5枚なんて足りるわけないんだけれど、ツレは40枚制覇しておりました。店内にレコードホルダーとして名前が残ると聞いてからの追い込みは、他のお客をも巻き込んでの大声援。いやぁ、みごとにゲットしておりました。

香住の宿につき、待ちに待った夕食。
e0008223_2013025.jpge0008223_20131411.jpgカニ刺し、カニ鍋、焼きカニ、カニ味噌、ゆでカニ、カニ雑炊。
カニを食べるとき人はなぜにあないに無言になるのでしょうか?
e0008223_20154864.jpg大阪から一緒に旅してきたやん!雪道ビビりながら走ってきたやん!なんて仲間意識はどっかへ飛んでいってしまうのですなぁ。

わたしは、キングオブ蟹は焼きがにだと再確認しました。
甲羅のミソにはもちろん地元の『香住鶴』をトクトクトク・・と注いでほんのり香ばしい香りとともにいただきました。あぁ、シアワセ・・・
おいしいものをいただくときのこのシアワセ感はなにものにもかえがたいものでございます。
また、来年もこよーっと。
[PR]

# by ke-ko63 | 2005-02-11 19:59 | うまいもん | Trackback | Comments(2)