タグ:京都 ( 55 ) タグの人気記事

 

出雲大神宮

丹波国一宮 出雲大神宮に行ってきましたよ。
お手本のような五月晴れもあいまって、神域に一歩足を踏み入れると清々しい気分です。
e0008223_18145683.jpg
e0008223_18152730.jpg
e0008223_18154042.jpg
出雲といえば、出雲大社。オオクニヌシノミコトですな。とゆーことは、こちらは彼の地の支店にあたるのか?
予備知識なく縁起などを読んでいると、あれあれ支店はあっちの方でした。
由緒正しき出雲大神宮から大国さんを出雲大社へ派遣したのでこっちを"元出雲"とよんだりもするそうですが、ま、諸説あるそうです。
e0008223_18163464.jpg
社殿のうしろにある小高い山をご神体としているそうで、ちょっと入ってみると、「こっから先はあきませーん」的な標識があちこちに…。
e0008223_18162107.jpg
e0008223_18160924.jpg
e0008223_18155110.jpg
e0008223_18313047.jpg
白兎を抱いた大黒さんのおみくじはおしりから出てきます。中吉でした。
そもそも一宮ってなんなん?と思い、調べてみると「へぇ~」と思うことしきり。
こりゃー全国一宮参りなんてのもおもしろそーですな。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-29 12:26 | ありがたいもん | Trackback | Comments(2)  

七草粥デー

大根・京人参・三つ葉・三度豆・白ネギ・卵に1つ足らんから、冷蔵庫に残ってたすぐき漬の刻んだのをトッピングしてむりくり七草粥で朝食にしたのはワタシです。

小寒過ぎてからが寒さ本番らしいってことをしみじみ感じた本日。
歯医者さんへ行く以外はウチへこもっておりましたわよ。

まだアップしてない写真はたんとあるんですが、今年も小出しにぼちぼちと・・・

12/28 伏見さんへ一年のしめくくりのお参りに行った日。
この日もえらサブでした。お山巡りするうちに雪が降りだしてくるよな耐寒登山でしたなぁ。
四ツ辻のお店も大晦日に備えて体力温存してるのか、お供えしか販売してなくて、ここのあまからぁ~いお出汁のしゅんだあげさんが入ったきつねうどんな口で山を登ってたのにガックリ。
e0008223_1895573.jpg

             ※伏見さん迎春準備はやっ!

下山してもさむいさむい。
温まるもん食べたいなーてぇんで、ちょっと走ったところにあったかなりソソられる佇まいなお店へイン!
e0008223_1894898.jpg

豚汁も気になるけど、粕汁の文字を見つけてオーダー。
ごはん小がエライ量で、さばのこゆめの味付けがウマウマでぺろり。
粕汁の具はブタでした。やっぱりアタシャ鰤アラがいいなぁ・・・。
e0008223_189459.jpg

帰りは、前は通るものの立ち寄ったことがない本願寺EAST&WESTへ。
デカイねー。めさめさお金持ってそう・・・。
e0008223_1893918.jpg

e0008223_1893657.jpg

             ※オサレな建物。本願寺伝道院だそーです

そんなことを思ったことを思い出したら、今夜はどーしても粕汁食べたくなりました。
さっぶいけどスーパーで鰤アラをげっとんしてきましたよ。
我が家の大名さまに今夜のオーダーを伺うと、「昨日のカレー、熟成されて食べごろやろ?カレーと粕汁!」
歯ぁないけど食欲は今年も底なしですな。
[PR]

by ke-ko63 | 2014-01-07 18:15 | うまいもん | Trackback | Comments(4)  

木津の流れ橋

入院中、老健に入所していた母を迎えに行くまであと2日の7/28。
体力回復イマイチながらも月参りの伏見さんへ。
退院してしばらく養生するつもりが、鬼のいぬ間の…でバタバタと旅をしたり、用事を片付けたりでちっとも養生にはならなんだなぁ…と振り返りつつも、ま、時間をかければお山になんとか登れるくらいの体力は残していてくださったことに感謝。誰に?いや、誰でもいい。

その伏見さんへ行くついでに、ちょっと迂回して前から一度行きたかったところへ。

上津屋橋。
e0008223_11144032.jpg

e0008223_11154253.jpg


いえいえ、木津の流れ橋といったほうが通りがいい。
こないだ静岡の蓬莱橋を見て、ふと流れ橋のことを思い出した。
e0008223_11144479.jpg


篠田正浩監督の『心中天網島』で、岩下志麻と吉右衛門の心中していくシーンに印象的に使われていた。44年前の岩下志麻が、もっすごキュートだったなぁ…。(あの岩下志麻なら心中してもいいなぁ…ってくらいかいらしい。(๑′ᴗ'๑)
e0008223_11145340.jpg


橋脚の上に欄干のない橋板がのっかってるだけで、増水すると橋板は簡単に流れてしまうことが橋の名前の由来だそうだ。
橋板は、ワイヤーで橋脚とつながれており、水が引いたら回収してまた使うという。関西ならではの「しまつ」精神かとおもいきや、建設費が安く済むからとのこと。
そういえば、ナイトスクープで流れ橋の橋板が何枚あるか数えたいという依頼があった。結局何枚あったんだっけ?
e0008223_1115195.jpg


全長356.5メートル、幅3.3メートル。木造の橋としては日本一の長さ。
クルマは通れないけど、自転車も押して通らないといけないけどれっきとした府道。
e0008223_1115529.jpg


ささやかな夏休みはこれでおしまい。
明後日には、大名様がウチに戻ってこられる。
e0008223_1115765.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2013-08-31 11:21 | すごいもん | Trackback | Comments(2)  

京都三弘法参り 3 (遍路準備編) 東寺

月を改めて5月25日。伏見さんのお参りついでに足を伸ばして東寺(教王護国寺)へ。
これまた世界遺産ですなー。
三弘法参りが盛んだったといわれる江戸時代には、3つのうちの2つが世界遺産に後世選ばれるなんて想像もしなかったろうけど、間に挟まれた神光院さんがワタシはなんだかかわいらしくてスキなお寺さんです。って、東寺へお参りしながらそんなこと思うと罰当たりでしょうかねぇ…。
e0008223_6334158.jpg


仁和寺もそうだけど、五重塔みると火サスの香りが漂いますな。あー、下世話なワタシ。五重塔と駅前の京都タワーがザ・京都のツートップでしょうか…。

さすが世界遺産。観光客多いッス。修学旅行生も!
彼らを横目に納経所のある食堂(じきどう)へ…。
e0008223_6334816.jpg


「お願いします」と、東寺のところだけが空欄の納経帳を差し出すと「お。ほかはもう回ってこられたの?」と聞いてくださいました。
「歩いて?」
「すいませんクルマです(^_^;)」
「そう。ご苦労様」
ここで、また「四国は歩きましたともさ!」と小鼻ふくらませるのもどうかなと思い、小さくなって最後の御朱印をいただきました。
e0008223_6351290.jpg


これで三弘法参り完了。四国へ出立する準備OKッス。さて、いつ行くか?(いまでしょ?ナンテネ)
e0008223_634549.jpg
e0008223_634713.jpg

※昔にならって各お寺さんで納め札箱、金剛杖、菅笠のミニチュア(とてもかわいい♪)と木札をゲットン。木札の裏には満願証も入ってます。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-06-05 06:40 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(6)  

京都三弘法参り 2 (遍路準備編) 仁和寺

続いて仁和寺へ。
ザ・世界遺産ですよ、世界遺産ッ!
e0008223_22453281.jpg
e0008223_22411676.jpg


e0008223_22455778.jpg


仁和寺へ行く前に腹ごしらえと思っていたらばちょうどお昼休憩に入っちゃった目的のお店。
こういうところのツメの甘さがおへんろの旅なんかでもちょくちょく出てきて「アチャー」って思うこと多いんですな。
で、仕方なく仁和寺併設喫茶コーナーにて湯葉うどん。
味はまぁ、はんなりと…(^_^;)
e0008223_2242810.jpg


以前ここへきたのは、仁和寺成就山88ヶ所ウォークラリーだ。(2年越し)
もう4年前か。

てなことを思い出しながら大師堂にお参りする。
御室桜はすでに時季を過ぎていて残念。もちっと早く来ればよかった。でも、遅咲きの枝垂れ桜や賑やかしいツツジなどなどが咲き乱れて目を楽しませてもらいました。
e0008223_22413035.jpg
e0008223_22413253.jpg


今日はここでタイムアップ。最後に東寺さんを残してしまったけど、これはまた次回…。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-06-02 22:59 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(4)  

京都三弘法参り 1(遍路準備編) 神光院 

4/27。京都三弘法参りというのがあると教わり、行って来ましたよ。

三弘法というのは、弘法大師空海とゆかりの深い、東寺・仁和寺・神光院の三つの寺のことを指すそうで、江戸中期にはじまったとされ、正月三が日にお参りすれば、一年中の厄を逃れることができ、また四国八十八ヶ所へでかける前に道中の安全を祈願してお参りしたのだとか。

明治になって衰退するまでは、東寺で菅笠(すげがさ)、仁和寺で金剛杖(づえ)、神光院で納札箱を調えて四国霊場へ出発し、巡礼後にお礼参りする習慣があったそうで、昨年、京都三弘法霊場会が復活させたのだそうです。

伏見さんへの月参りのついでといっては怒られる?いやいや、伏見稲荷とお大師っさんはゆかりもあるわけだから、そんな了見の狭いことはおっしゃらないでしょ。とゆーわけでレッツラゴー。

まずは、神光院。
お大師っさんが、42才のときに修行を行ったという場所だとか。
e0008223_6214044.jpg

e0008223_6214685.jpg


納経所で三弘法参り専用の納経帳ナドナドをゲットンし、ご住職(?)に記念すべき最初の御朱印を頂きます。
「クルマで?」と聞かれたので「はい。でも、四国は歩きました!」とハリキッてお答えすると「それはすごい。歩かれる方には頭が下がります。」とホメていただきちょっと嬉しかったり。
e0008223_6214316.jpg


さてさて次は仁和寺へ…。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-06-01 06:24 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(4)  

辻占煎餅

先日伏見稲荷にお参りした帰りに買った辻占煎餅。
白味噌がほんのり香る一枚一枚手焼きのおせんべいに、おみくじが入ってるの。
2つ残ってたから食べてみた。出てきたおみくじは『吉』。
e0008223_22214514.jpg

総合運…能力以上は望んでませぬ。ゆえに長期展望なんて悠長なことゆうてられへんねんけどなー
仕事運…はいはい。絶対にのらない。のらなかったのに、去年エライ目に遭いましたがな。かなんなー
健康運…おっしゃるとおり。

なかなか的を射ている辻占だ。そう健康ではないけれど、毎日美味しいと思える食事は心がけたい。だって、あとどれくらい美味しいものを美味しいと思いながら食べられるのかわからないもの。
だけども最近そう美味しいと思えるものって食べてないよなー。今夜だって、帰宅が遅かったからスーパーのお刺身とビール2本だし…。
旬のものがおすすめって辻占にあるけど、旬のモノで今美味しいのってなんだろーか?

あー、今ちょっと馬力が足りんので、新鮮な馬刺し食べたいなー。でも、馬刺しの旬って・・・?
あー、何年か前に出かけてって食べた坂越の焼き牡蠣あれはうまかったなー。亜鉛は摂らなあかんらしいし…。
あー、ふぐやん、ふぐっ!何年か前に食べた安乗ふぐのコースうまかったなー。

思い起こすとみんな昔食べたものばかり。最近ほんとうまいもん喰ってないなー。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-01-31 22:25 | へんなもん | Trackback | Comments(4)  

四国八十八ヶ所遍路旅展に行ってきました sanpo

京都の仏光寺近くのおてらハウスというところで開催されてる、おかだとよいちさんの『四国八十八ヶ所遍路旅展』に行ってきましたよ。

烏丸からてくてくあるいて5分ほどのところに、おてらハウスはありました。
ちょうど外へ出ていらしたおかだとよいちさんと再会の握手をして会場へ…。

ひとつひとつの絵が、とても懐かしくて当時のことを思い出しつつ拝見しました。
「種崎の渡し船乗りたかったんですけどねぇ…」とか「松尾峠ではさんざんな目に遭いましたよ。゚(PД`q。)゚。」とか「津照寺手前までヒッチハイクしたんですよ。エヘヘ」などなど楽しくお話しさせて頂きながら、まさか自分が八十八ヶ所の遍路旅を振り返る日がくるなんて…と、なんだかしみじみしつつ…。

お客さんも次々に入ってこられて、年配のご婦人は「バスでね回ってね、お軸をね作ってもらったの」とニコニコ話されてるのを見てると、こっちまで「うんうんそうでしたかー」ってニコニコになりますな。
みんな誰かにこの経験を話したいんだねぇ…、うんうんわかるわかる…。
遍路経験のある方が会場のそこここで、絵を見ながら自分の経験を語ってらっしゃるというのもなんだかステキ♥

会場に詰めてらっしゃる公認先達の方たちともお話しさせていただきました。
「いやぁー、ワタシのような遊び半分のような遍路でもえぇんでしょうかねぇ…」と恐る恐る伺うと、「いいんです、いいんです」とOKもらえたのでちょっとホッとしましたよ。
(ちょっと緊張してたので会場の写真も撮り忘れました。・゚・(ノД`)・゚・。)

四国を歩いてる時は、お大師っさんと二人だったけれどお大師っさんがたくさんの人々とのご縁を授けて下さったんだなぁ…と、帰りの電車を下りてウチへ帰る道すがら、紅葉を見上げながら考えておりました。
ほんまにありがたいこってす。

おかだとよいちさんをはじめ、会場にいらした公認先達のみなさん今日はどうもありがとうございました。四国行きとーなりましたよ(^^)
e0008223_17646.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-11-04 17:09 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

今日も暑くなりそうッス

今朝も早起き。もはや年寄りの境地。

うちの近所では、ヤイヤイうるさく鳴きまくるクマゼミにかわって、ツクツクボーシが鳴いてます。
都会にいた頃には聞いたことがなかったセミの声。田舎やなーってしみじみ。
e0008223_93947.jpg


さて、9月になったとはいえ、昼間の猛暑はたまりませんな。
(といっても昼間はずっとエアコンの効いた病室にいるんだけれども・・・)
e0008223_931365.jpg


これから一汗かいてきます。いや、ふた汗?しばらくこんな日々。
気が重いなぁ…。
e0008223_931893.jpg


アイスコーヒー飲み終わったら行ってきます。

※写真は夏に行った京都水族館のもの。気分だけでも涼しくなるかなーなんてね。と、こんなことやってたら腰があがらんのですな。ほな、行ってきます。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-09-02 09:10 | かわいいもん | Trackback | Comments(0)  

ブルブルした夏休み 完

お参りを終えて山を下りる。
ダブルステッキで登ってくる人とすれ違う。もう汗ビッチョリだ。西国さんを歩いて回ってらっしゃるのか?頭が下がります。
四国は歩いたけれど(途中ズルッコしたのはヒミツ)、西国は…(^_^;)
どうぞ道中お気をつけて…と、心のなかで手を合わせる。

舞鶴の観光パンフレットを見つつ、舞鶴引揚記念館へ。
岸壁の母をソラで歌える自分に酔いつつ、しかし、展示物をみるうち胸を締め付けられるような思いがこみ上げてくる。シベリアに抑留された人々の暮らし、帰りを待ちわびて毎日引き揚げ船の着く桟橋へ通う人々の思い…。そんな多くの悲しい思いの上に我々の暮らしはあるのかと思うとやるせない。
そして今も軍艦が停泊する地である舞鶴。
岸壁の母が「しんじぃ~っ!」と叫んだのがリアルに感じられるのはいいのか悪いのか…。
e0008223_23583417.jpge0008223_2358423.jpg
土産物コーナーで、『海軍さんの肉じゃが』なるレトルト食品が人気ナンバーワンとあった。東郷平八郎がイギリスで食べたビーフシチューを再現したのが肉じゃがなのだそうだ。「味覚おかしくね?」なんて言ってはいかんのだそうだ。当時日本にはデミグラソースを作る調味料はなかったのだから。
試食用に買ってもよかったんだけど、たぶん現代の肉じゃがのがきっとうまいだろうから買わなかった。
e0008223_23585446.jpge0008223_23584976.jpg
軍艦の停泊するこちら側には、赤レンガの建物が立ち並び、雲ひとつない青い青い空と緑の芝生によく映える。
観光客向けに商業施設化していない様子。立地に理由があるのかどうか…。灼熱の太陽と耳鳴りするような蝉の声にじっと耐えてるような様子がいい。
e0008223_23585895.jpge0008223_2359127.jpg
そろそろ大阪に戻らなきゃ。
お昼は念願の岩ガキ。舞鶴産の岩ガキは、海のミルクを超える濃厚さで、海のシチューと呼ばれていると聞いちゃあ食べずには帰れない。
大粒でとろ~りとして、まったりとした濃ゆぅい味だ。焼いてもうまし。
大あさりやホタテ、イカやら海老やらも焼いて頂く。
e0008223_2359610.jpge0008223_2359935.jpg
そしてお造り盛り合わせ。海はいい。魚がとめどなくうまい。びっくりするくらいリーズナボーで、びっくりするくらい美味いのだ。
e0008223_2359125.jpg

いや、一番のびっくりはこの魚介類を前にノンアルコールだったってことかもしれない。
1泊2日のプチ夏休み。あー美味しかったぁ。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-07-31 00:03 | こわいもん | Trackback | Comments(2)