タグ:香川 ( 68 ) タグの人気記事

 

めざせ結願!小豆島遍路5 慧門カモンかなんわぁ…

翌朝。チェックアウトをしてからロビーでまったりとモーニングコーヒーをいただく。宿のご主人が「ホントはセルフだけど今日は大サービス」と、手ずからコーヒーを入れてくださる。
女将さんは、お正月用の寄せ植えをこしらえながら、誰も歩かなくなって草木に埋もれてしまっている小豆島のへんろ道を蘇らせる活動に参加されているというお話しをしてくださった。(あぁ、ごめんなさいアタシャこの度はクルマなのですよ)
前回と同じく、駐車場まで来て見送ってくださる宿のご主人と女将さんに手を振りながら2日目の遍路行スタート。

山道をずんずん登っていった先に見えた、山の岩肌に埋まりこむように建つ伽藍に息をのむ。なんという威圧感!圧倒的なザ・行場!こんな山奥にこんな壮大なものを建てた先人に頭が下がる。
あぁ、ここまできてよかった。いや、こんな山の奥の奥までくる甲斐十分ですがな、81番 恵門ノ瀧。
e0008223_21535257.jpg
e0008223_21534700.jpg
e0008223_21534066.jpg
伽藍の中へ続く階段を登って行くと普段着姿の男性に「ようこそおまいり」と迎えられ、お茶を出してくださった。恐縮しながらお茶をすすっていると護摩木を書くように言われ、まぁ、そういうシステムなのかと思いつつ願い事と名前を書き終えると、「あちらへ・・・」と洞穴のさらに奥へいざなわれるままついていく。と、そこには護摩壇があり、その前に座って待つように言われる。

・・・・・。

ずいぶん待つ。けっこう待つ。放置か?っちゅーくらい待っているといつの間にか袈裟衣に着替えたさっきの男性がしずしずと登場。
そしてうやうやしく一礼して護摩焚きがはじまった。

「え?わたしらのための護摩焚き?マジで?
さっき護摩木は書いたけど、もしかして護摩木を書くともれなく護摩焚きサービスキャンペーン中なん?いや、そんなわけはなかろーもん。」

われわれはお互い顔を見合わせて、「どないする?護摩焚きのお礼ていくらくらいが相場なん?いや、そもそもお願いしてへんやん、それでも包まんならんのか?そらそ~やろ・・・」てなことをアイコンタクトで(目の前では絶賛護摩焚き中なので)話し合う。

護摩木が3本しかないから護摩の炎もいまひとつで、なんだかいろいろと申し訳ない気分になりながら小一時間をそこで過ごす。
昨日は23ヶ所のお参りを納め、今日はさらにペースアップしていくわよー!と鼻息荒く宿を出てきたのに、出鼻をくじかれる。
お遍路は競争ではないし、スタンプラリーでもないのはわかってる。わかっているけどまさかの護摩焚きで大いにロスタイムだ。

3人で相談した結果、ささやかなお礼をお渡ししなんだかいろいろくたびれて山を下りた。

後日調べてみると、81番 恵門ノ瀧は護摩行の有名なところなんだそうだ。
でもさー、あれってどうなのよ?「護摩焚いとく?」とか聞いてくれたら「いえ結構です。」って言えたのにねー。ささやかだけど思わぬ痛い出費もどーなのよねー とかなんとか、お不動様が聞いたら怒らはるかもしれんことをブツブツ言いながら不届き遍路は次の札所へ向かう。


[PR]

by ke-ko63 | 2016-02-06 21:54 | Trackback | Comments(2)  

めざせ結願!小豆島遍路4 初日終了

内海あたりを走っててみつけたグリル山というレストランでランチタイム。
地元の方々の集いの場的レストランと見た。みなさんが楽しげにお食事される中、これまでのルートをおさらいしつつこれからのコースどりを考えながら、オーダーしたのが運ばれてくるのを待つ。
ここまで12札所をクリア。あぁ忙しい…。
e0008223_21215800.jpg
札所でお会いするお大師っさんの雄々しいこと…。

お腹を満たした後、午後もガンガンいきまっせーな勢いで札所を巡る。
般若心経を唱え中、田舎にありがちな移動販売の大音量BGMが流れてきた12番 岡之坊、お参りしようとお堂の中に入り納め札を納札箱に投入しようと前に行くと突然大音量のピーピー音が鳴り出し、心臓止まるか思うほどのびっくり。
e0008223_21220580.jpg

e0008223_21214751.jpg
海がほんっとにきれい。海があって山があって言うことなしですな。ビバ小豆島!

しばらく鳴り響いたあと、ようやく止まったピーピー音にホッと胸をなでおろし、あらためてお賽銭を投入しようと前にでるとまたもやピーピー音。

オイッ!もうえぇやろっ!こちとらお参りやっちゅーねんっ!

と、怒りながらお参りした87番 海底庵。たぶん無人庵ゆえの野猿やイノシシの侵入よけなんだろーけど、お参りする他のおへんろさんはきっと必ず間違いなくキモを潰すに違いない。
e0008223_21215481.jpg
どこのお寺さんだったっけか、お堂を回りこんだところになぜか白いぞーさんが…。
神社によくいる神馬はたいがい白い馬だけど、これはなんなんだろーか?

次第に暮れなずんでいく小豆島の景色に、うっとりする間もなくとにかく寒い、寒い…。寒すぎて後半はよく覚えてない。
e0008223_21220909.jpg
とにかく早く宿に着きたい。宿についてお風呂に入りたい…な思いだけで札所を巡り、5時過ぎに待ちに待ったチェックイン。
前回ひとりで小豆島に来た折にお世話になった旭屋旅館に今回もお世話になる。おかみさ~ん、おひさしぶり~
e0008223_21221520.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-17 21:29 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

めざせ結願!小豆島遍路3 20分間隔のお経

コンビニモーニングのあと、本腰いれて札所を巡る。

小豆島の札所は無人のお堂が多い。
民家の軒と軒が擦れ合うようなくねくね入り込んだ路地の先に、ポツンと古びたお堂があったりする。
そして、どのお堂もきれいに掃除がなされていて気持よくお参りさせてもらえるのがありがたい。
そして、気持よくもと来た道を引き返しているとお杖を忘れたことに気づく。
e0008223_13165671.jpg
e0008223_13170128.jpg
「アチャー!お大師っさん置き去りにしてもーたがな…。」

で、慌ててまたくねくね道を入ってく。
クルマ遍路だけどお杖を携帯してるとこーゆー事態に陥るのですなー。
以来、お杖はずっと後部座席にお留守番と相成りました。
e0008223_13164417.jpg
山門に入る前からお参り中、納経帳に書いてもらってる間、そしてお寺を後にするまでずっとお寺で飼ってる犬数匹に全力で吠えられ続けたり、坂道を延々登っていった先にあったのは墓地で、お正月前の墓掃除をしてらっしゃる地元の方に道を尋ねて、また坂道を下るとゆーよーな失態もあったりで、なかなかに疲れる。
e0008223_13163955.jpg
四国遍路にくらべマイナーな小豆島遍路には、道しるべ的なものがそんなにきめ細かくはなく、頼りのカーナビもトンチンカンなところを指し示すという嫌がらせをしてくれるおかげで、存分に迷い倒すという小豆島ミステリー。
e0008223_13163504.jpg
それでも、16番 極楽寺の本堂でお経を唱え始めると奥からおじゅっさんらしき人が出てこられ、おっちんして木魚で伴奏してくださったのには畏れ多くもありがたいひとときでした。
e0008223_13162450.jpg
胸張り大師?

e0008223_13161902.jpg
また、『八日目の蝉』で希和子と薫がそうめんを食べたり、ブランコに乗ったりした15番 大師堂についた時はちょいとテンション上がりでなかなかにエキサイティングな小豆島を満喫しておりました。





[PR]

by ke-ko63 | 2016-01-10 13:21 | ありがたいもん | Trackback | Comments(6)  

5年がかりの結願遍路15 ほんとのゴール

お腹がすいた。
結願したヨロコビで胸いっぱいだったのは、ほんの一瞬。
カンゲキした分、エネルギー残量が残りすくなになっている。道の駅で買って食べた草餅だけで昼食にするには足りるはずもない。

結願のお寺をあっさり後にして、ココは名物"打ち込みうどん"に照準を合わせる。
が、門前のお店は混んでそうなので、お寺にやってくる途中にアタリをつけていた(こーゆーことには抜かりがないのデス)野田屋ってお店に入る。

時間は3時前。そりゃ腹も減るわいな。
出てきた名物打ち込みうどんに、舌鼓を打つ。野菜がたっぷり入ってて、ほんのり甘めなお出汁にはみそが入ってるかもしれない。美味しい♪
お店の方に名前の由来を尋ねると、打ったうどんをそのまま野菜と一緒に煮込んだところからそういう名前になったというようなことを教わった。
e0008223_824145.jpg


クルマを置かせてもらってる昨日のお宿に戻って、おかみさんに結願の報告をしクルマの御礼を言って出発。お世話になりました。

八十八ヶ所のお参りは、これですべて終わった。

88番のお寺までお参りしたら、その足で1番まで戻って四国一周の輪をぐるぅっとつなげる人もいるという。でも、ワタシはココ88番でおしまい。
後日、高野山へお礼参りに行ってお大師っさんにあらためて結願の報告をするつもり。高野山は大阪から近いから子供の頃から何度か行ったこともあり、四国へくるよりも身近に感じる。小学校の林間学校も高野山だったしね。

高野山へのお礼参りで、ワタシの5年がかりの四国遍路はゴールする。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-09-02 20:59 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(10)  

5年がかりの結願遍路14 結願直後の煩悩

本堂、大師堂への結願報告を兼ねたお参りを納めたあと、少しお寺を散策する。

いつのまにか上がった雨。
お寺のあちこちに咲く花も、しっとりと雨をふくんでキレイ。
e0008223_7242575.jpg


『結願したら金剛杖をお寺奉納する』と聞いたのは、これか。
びっしりと御杖が納められた塔。宝杖堂というそうだ。年に2回これらの御杖は供養されるそうだが、ワタシは5年も連れ添ったお大師っさんの分身をここに置いて帰るというのが忍びなく、「高野山のお礼参りも一緒に行きましょうねー」と宝杖堂に納めず一緒に帰宅することに決めていた。
e0008223_7244180.jpg

御杖と言えば、土佐佐賀のあたりを一緒に掛けつれさせていただいた方の御杖の先が、地面を何度も突く間に菊の花が咲いたように放射状に先が開いてきて、それはそれでちょっと気に入ってたら、たまたま掛けつれになった二巡目のへんろさんに「きれいに整えてあげる」と、見事に削り取られてガッカリしたというような話を面白おかしくしてくださった。「大事に大事に菊の花を育ててたんですけどねぇ…」と、御杖の先を悲しい顔で見つめるのがおかしくておかしくて大笑いしながら歩いたっけか…。
e0008223_7413448.jpg

                     ※セピアなおへんろさん。ちょいと60年代風?

また、足摺まで掛けつれさせていただいた親子遍路さん。息子さんはお母さんのナビ兼護衛というバイトとしてお父さんに同行を命ぜられて歩いていると言ってた彼の御杖が、「途中のおへんろさんにもらったんですけどね」と見せてくれたのが先がチビてしまって丈が半分ほどになってしまって、その御杖を突きながら歩くのはかえってしんどくないの?てな長さのものだった。それでも「せっかくもらったし、捨てるとバチあたりそうだし…」と時々思い出したように杖を突くたびに腰を直角に曲げて歩く姿がおかしくて、三人で大笑いしたこともあった…。
e0008223_7243793.jpg


あの方たちの御杖は、ここに納められているのだろうか?

『あなうれし ゆくもかへるもとどまるも われは大師と二人づれなり』
そう。ずっとお大師っさんと一緒に歩いてきた。でも、時々それが3人になったり4人になったりした。
結願しても、二巡目三巡目と歩きたくなるのが四国遍路の魅力だと聞く。ワタシはまだ次のことはわからない。わからないけれど、行くのも帰るのもいつもお大師っさんがついててくださるのだ。
e0008223_7244540.jpg

ワタシ「そやけどお大師っさん、ちょっとお腹空けへん?」
お大師っさん「せやなぁ。お参りも済んだんやったらちょっとなんぞ食べよか…」

『キャーうれし 腹の時計が鳴る時も われは大師と二人づれなり』
[PR]

by ke-ko63 | 2012-09-02 18:10 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(0)  

5年がかりの結願遍路13 結願寺

本堂にあがって、お参りを納める。

「無事にお参りすることができました。ようやくここまでこれました。ここまで来れたのは、たくさんの人のおかげさまです。本当にありがとうございました。お世話になりました。ありがとうございました。」

もともと持ち合わせていない信仰心は、最後にきてムクムクと湧いてくるはずもなく、しかし、ただただ「ありがたい」という気持ちがミゾオチあたりからジワジワとのぼってきて体が熱くなる。
これが最後の札所のお参りなのだ。ここでおしまいなのだ。5年かかった四国へんろはとうとうこれで終わるのだ。
e0008223_9364791.jpg

これまでに四国で出会った方々の顔を思い出す。たくさんの方々にお世話になりました。
二股に分かれてる道で迷ってると、ウチの中からシミーズ姿で「おへんろさーん、あっちあっちー」と指さして教えて下さったおばさん、坂の上からママチャリで猛スピードでつっこんできたかと思うと、がま口から100円玉を取り出してワタシに握らせ、南無大師遍照金剛と唱えてワタシに手をあわせて拝んでくれたおばあさん、「四国へ送り出してくれた家族に感謝しなさい。四国を歩ける健康なからだに感謝しなさい」と、うどん屋で声をかけて下さったおじさん、予約した宿にドタキャンされ途方に暮れてるところを助けて下さったポンカン農家の方々、泊めて下さった宿のおばちゃんと話した大晦日の夜…。

お話しが面白くて大笑いしながら一緒に歩かせてもらった掛け連れさん、話に夢中になって道を間違えてクタクタになってコンビニでアイスを笑いながら食べた掛け連れさん、地図はすべて息子任せという親子遍路さんとも一緒に歩いた、岩屋寺アタックを牽引して下さった長野のおじさん…。

みなさんお元気だろうか?どうぞお元気で…お大師っさんよろしくおねがいします。


続いて大師堂へ…。いよいよ最後の最後。お大師っさん、やっと来ましたよ。コンニチハ。
大師堂へお参りを納める。
e0008223_9365059.jpg


昨年末からの年越し遍路以降は、母のことをずっとお願いしながら歩いた。
薄紙を剥ぐように少しずつ回復していく母の全快を願いながら歩いた。
どうぞ助けてやってください、元気にしてやってください…と念じながら…。
おかげさまで随分良くなりました。が、いましばらく力を貸してやってください、元の元気な母に戻してやってください。どうか、どうか…
こうしてワタシが四国を歩いている間も、母は病室で何もない天井を見つめながら不安な表情をしていると思うと胸が締め付けられる思いだ。でも、死の淵から生還した母に、さらなる力をお大師っさんに与えてもらいに四国行きを決行した今回の結願へんろ行。そのゴールなのだ。
e0008223_9365160.jpg

お大師っさん、これまでありがとうございました。そして、これからもよろしくお見守りください。

お参りを納めたあと、最後の御朱印を頂き、88ヶ所の御朱印(+α)が書かれた納経帳を頭の上に掲げてから、ザックにしまった。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-09-02 00:59 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(0)  

5年がかりの結願遍路12 88番大窪寺に着いてしまった… sanpo

山門へ近づく。
いよいよゴールなのだ。ゴール…。長かったなぁ、そう足掛け5年かかったんだっけ。
いろいろあったよなぁ…。

一歩一歩山門へ近づいていきながら、これまであったことを思い出す。
真新しい白衣に御杖、菅笠をかぶってにわかお遍路さんな自分がちょっとこっ恥ずかしかった徳島の歩きはじめ…。
変に焦って本堂と大師堂へのお参りを逆にしてしまって舞い上がり、お経を唱えるなんてできやしないし、そもそも唱えたことなかったし、いや、こんなんでおへんろしてもえぇんやろか?って思ったりするうちになんだか笑いがこみ上げてきて、ずっとヘラヘラしながら1番札所を後にしたっけ…。

あれが2007年9月17日だった。
5年の間にいろいろあった。いろんな人に出会っては別れた。一期一会をしみじみ実感した四国の道。
同宿の人たちと夕食のテーブルを囲み、いっぱい話をして大笑いしたこともあった。ほんとに楽しかった。
次の日には皆バラバラになり、お互いの健闘を祈り別れていく。
皆さん無事にゴールできただろうか?お会いしたら「え?まだ歩いてたの?」ってびっくりされるかもしれない。

皆さんお元気かなぁ…?お元気ですか?

そんなことを考えるうちに目頭がじぃーんとしてきた。い、イカン。ここで泣いてどーする。平常心でお参りせねば!最後のお大師さんにシャンとして結願の報告をせねばならんのだ!

山門の石段に立ち、仰ぎみる。「あぁ、お大師さん、やっと着きましたよ。無事ここまで来れました。おかげさまです。ありがとうございます。」
そう、心のなかで挨拶し一礼する。

涙腺崩壊間近。ヤバイっ、急がないと!
ワタシは慌てて山門をくぐった。
e0008223_17464471.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-08-15 17:47 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(3)  

5年がかりの結願遍路11 道案内ワンコ

あと5キロ、あと5キロ…とつぶやきながら歩く。歩いてる間にもちょっとずつゴールに近づいているんだけど、あと5キロ。

今までは次の札所までの距離を知らせる看板を見ては、「うわぁーっ、まだそんなにあるん?マジで?げーっ、しんどー」と、げんなりしていたけれど、さっきみかけた"大窪寺5km"の看板からは、「ほーら、まだこんなに距離あるねんでーウシシ」よりも「あとこんなけしかないねんでーどないするーもう着いてまうでーニヒヒ」というメッセージを感じた。(のはワタシだけでしょうか?)

高知県。太平洋沿いの道。国道に立つキロポスト。歩けども歩けども距離を表す数字が減らないし、景色がちっとも変わらない。ほんとに前に進んでるんだろうか?太平洋の大海原を左手に見ながら知ってる限りの海の歌を熱唱し、歌い尽くすと即興でオリジナル海の歌を歌ったりしたR55。懐かしいなぁ…

あと5キロだと思うと、なんだか後ろへ向かって歩きたい気分になる。ゴールしたくない。
ふと、目の前に満開の桜?いや、桃?ううん、なんだろ?一面ピンクであたりがぱぁっと明るくなってる。
「前を向いて!」
そう言われたような気がした。
e0008223_8394212.jpg

どこからか白いワンコがやってきた。口笛ふいてみるとこっちへ寄ってきた。
なんかおかし持ってなかったかなぁ…と、ポケットを探っていてチョコを見つけ、1かけ投げてやるも、見向きもしない。
「あらま、お気に召しませぬか?それしか持ち合わせがないんですわ。」
謝ってると、ワンコはすたすたと前を行く。「あらあら行っちゃうの?バイバーイ」と見送ってると10mくらい先で立ち止まり、じっとコッチを振り返って見ている。
「ん?どしたん?」
と、近づこうと歩くとまたすたすたと前を行き、しばらくすると振り返ってコッチを見る。
「あら?もしかすると道案内してくれるん?」
その後も、白ワンコと付かず離れずで歩く。頼もしいかけ連れさんだ。
e0008223_8395156.jpge0008223_840105.jpg

しかし、そろそろワンコのテリトリーを出てしまうのか、最後はワタシの後ろからじっと見送ってくれた。「もうここから先は行きなさい」と言うことなのね。ありがとうね、ワンコ。バイバイ元気でね。

四国を歩いていてこれまでも、数匹の案内犬に道案内されたなぁ。
なにかお菓子をあげても食べようとせず、まったくのボランティアだ。
地元の人々に道を教わったこともたくさんあるけれど、こうしてワンコに連れてってもらうこともあった。助けてもらいっぱなしだったなぁ…。ありがとう…。
e0008223_8401554.jpg

あと5キロ…って思いつつ歩いていたら、いつしかゴールが見えてきた。いよいよ結願の88番大窪寺だ。もう着いてしまった…。
[PR]

by ke-ko63 | 2012-08-14 08:52 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

5年がかりの結願遍路10 さらば道の駅ありがとう道の駅

おへんろ交流サロンをあとにして、道路を横断して向かいの道の駅へ…。
四国1200kmを歩く(途中ちょっとズルしましたが)なかで、いくつの道の駅に立ち寄っただろうか。
長い長い道のりのなかで、道の駅はワタシのココロのオアシスだった。てのはちょっと大げさか。
そんな四国数々の道の駅もいよいよここが最後の道の駅なのだ。
万感の思いを胸に、オオトリを飾る道の駅ながおへレッツゴー♪

が、道の駅ながおのおばちゃんは、そんなワタシの思いなんて知る由もなく、ま、知ったところでちっとも関係ないわけで、両手を握りしめて「いよいよ結願ね。がんばってね」なんて声援を送ってもらえるはずもなく、非常に淡々と業務をこなされていた。そりゃそーだ。
なのでワタシも「ザ・ラスト道の駅…」と胸に熱いものが込み上げてくることもなく、フツーに買い物をしてレジを通過する。

嬉々として野菜を買い込んでた高知の道の駅を思い出す。フツーの買い物客のおじさんに「歩いてるの?えらいねー」って励ましてもらえて嬉しかったなぁ。
考えてみればおかしな図だ。白衣着て、御杖を小脇に挟んで大きなザックを背たろーた歩きへんろが道の駅で一心に新鮮野菜を買い込んでるのだ。
宿毛の手前、道の駅大月では閉店時間を延長したうえにお店の方にかぼちゃまんをお接待していただいたっけ。ありがたかったなぁ…
日和佐の道の駅では、レジのおばちゃんが親切に買った野菜をダンボールに詰めて梱包までして下さったなぁ…。
愛媛の道の駅みまでは、地元のおじさんが「一人で歩いてるの?」と飴ちゃんと酒まんじゅうをわざわざ買ってお接待してくださった。
e0008223_842282.jpg

そんなこの5年におよぶ四国歩きを思い返しつつ、今買ったばかりの草餅をほおばる。オイシー♡

さて、甘いもん食べてエネルギー補給完了。荷物を背負って歩きだす。

最後の札所まであと5キロの看板が見えた。
e0008223_843140.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-08-13 08:05 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(0)  

5年がかりの結願遍路9 結願目前で無言の行

出発してしばらく歩いていると、どうも視線を感じる。そこここから指さされてるような違和感。
選挙ポスターか。しかし、なんだこれ。
やたらと壁に貼ってあっていちいち気になる。ポーズとりすぎやと思う。逆効果だよコレきっと。
e0008223_9141215.jpg

雨の中を歩く。結願の日も雨なのね。あーあ。
カタツムリさんは雨が似合うねぇ。カタツムリを見ながら亀のような牛歩。ややこしい。
e0008223_9141752.jpg

グズグズ歩いてても先へは進んでしまうのだ。少し歩いて行くと右手に道の駅が見える。が、進路は左手に…。おへんろ交流サロンというところに到着。ここで"四国八十八ヶ所遍路大使任命書"をいただけるのだそうだ。
ウキウキでカッパ脱ぎ、菅笠と荷物とともに入り口の傍らのじゃまにならないところへ置き、建物の中へ入る。案内の方だろうか女性が、お茶をサービスしてくださり、住所と名前を書くように声をかけて下さった。

記名していると、後から来た男性がカッパを着たまま入ってくるのが見えるやいなや、さっきまで奥のテーブルでタバコをふかしていたじーさんが、ツカツカ歩み寄って「そんな格好でお大師さんに失礼だと思わんのかっ!濡れたカッパは脱いできなさいっ!」と、まだ若いおにぃさん遍路に大喝した。
おにぃさん遍路、あまりの衝撃にポッカーンとしている。
その後にやってきた女性には、「荷物は下ろしてっ!そんな格好でお大師さんにご挨拶するつもりかっ!」とこれまたカミナリを落としている。おねぃさん遍路は感電したのか、立ちすくんでいる。
おぉ~コワっ。遍路大使に任命されるのも楽じゃない。

館内には、歩きへんろの歴史や昔の遍路グッズ、重ね印で真っ赤に染まった納経帳など貴重なものが展示されており、興味津々で拝見するも、写真を撮ったりしてるのがバレたらワタシもカミナリ落とされるんじゃなかろーかとビクビクしながら、"空海"と書かれたお軸の前で記念写真に収まる。
e0008223_9143175.jpge0008223_914288.jpg

e0008223_9143472.jpg

カミナリじーさんが、任命書のサインをしているデスクの隣のテーブルで怒られトリオの我々結願間近へんろは、結願前の互いを讃えあうことも叶わず悶々としながら任命書が仕上がるのを行のように待っていた。
e0008223_9142485.jpg

[PR]

by ke-ko63 | 2012-08-12 09:19 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)