さぬき心残りの遍路旅 1

香川県に行ってきました。

最近の香川県は、『うどんだけじゃない!』らしいです。香川といえば、お遍路のときにやり残したことがあって心のどっかにひっかかってました。
また、ご無沙汰しているお大師っさんに久しぶりに会いたいような、呼ばれているような、そんな気持ちもあったりで出かけることにしました。

淡路島をつきぬけ、四国入りして真っ先に目指したもの、それが、やり残したことのひとつ目"堅パン"。
善通寺にお参りした7年前のお遍路のとき、近くにあるそのお店の前を通ったときはすでに売り切れてお店も閉まっておりました。

"堅パン"は、"パン"と名前がついてるけれど、それはそれは堅いかた~いお菓子だそうで、まともに噛んだら歯がやられるという代物で、携行食として善通寺にお参りするお遍路さんはよく買って行かれる…と噂に聞いておりました。
午前中に売り切れてしまうこともあるらしい"堅パン"をネットで調べていると、もともとは兵隊さんの軍用食として開発されたのだとか。

で、「もしや、あの人なら知ってるかも…」と、うちの施設の利用者さんで御年104才のGさんに訊ねてみると、「堅パンか、あぁ知ってる知ってる。あれはな、行軍するときに非常食として持たされたんや。日持ちして腹も膨れる。そないにうまいもんやないけどな。中にこんぺいとうが1つ入ってるのが楽しみやったなぁ…」「行軍についてこられんようになった兵隊に最低限の食料として渡したこともあったなぁ…」と、遠い目をするGさん。
やっぱりご存知でしたか!そして、戦争にまつわる切ないお話も聞かせてくださいました。
なんとしても堅パンをゲットして、七十数年ぶりにGさんに食べさせてあげたい!

勝手にGさんに約束しての四国入り。時間はお昼を回っているけれど、善通寺へのお参りよりも"堅パン"ゲットの任務遂行を優先しました。

駐車場へ車を止め、お店へ向かって走る!
おぉ!開いている!ヤッター!
歴史を感じさせるたたずまい。
e0008223_12304413.jpg
堅パンにも数種類あり、昔のお菓子屋さんのようにガラスケースの蓋をあけて中から商品を出して量り売りというスタイルです。
石ころみたいな形の堅パン(商品名も『石』)が「ウチではこれが一番堅いですよ」とおっしゃったそれと、その次に堅い平べったい堅パン、えびせん、ゆずせんをゲットしました。

後日、Gさんに見せて食べてもらいました。
「かったいなー!噛まれへんなぁ…」
(いやいや噛んだらあかんよ。Gさん総義歯やん。口の中でねぶっといてや)
「(堅パンの袋を見て)善通寺かぁ…あそこには全国の精鋭が集まる師団があってなぁ…」
e0008223_12305976.jpg
そんな話を伺っているとリハビリの時間になり、PTさんに連れて行かれるGさん。
1時間後、Gさんが「さっきのあれな、口の中でオネオネしてたらやわ~なってな食べてしもたわ」「懐かしいのをありがとうなぁ…。」

Gさんと石パンのやりとりをこっそりみていた他の利用者さんが、「わしにもそのアメくれ」(アメちゃうけど)と欲しがり、案外歯の丈夫な利用者Hさんがいきなりボリボリ噛み砕いたのを見て、負けん気の強いFさんがガリガリ噛むとゆー、微笑ましいじーさん対決が繰り広げられました。

「ほんで、アンタ善通寺にはお参りしたんか?」
ふいにGさんがワタシに声をかけてきました。
はいはい。このあとちゃあんと行きましたよGさん。

※堅パンおいしいです。すべて昔ながらの手作りだそうです。かったいかったいです。とても地味ぃ~なお菓子だけど、一つ食べるとクセになり、またひとつ、もうひとつ…とつまんでしまいます。石パンには全体に砂糖が絡めてあって、ほんのり生姜の味わいも。もっとぎょーさんこーてきたらよかったなぁ…って今、悔やんでます。

# by ke-ko63 | 2019-02-24 13:13 | しゃーわせーなもん | Trackback | Comments(4)  

介護福祉士国家試験

介護福祉士国家試験を受験してきました。
一昨日からのカゼをこじらせ、薬が効きすぎたのか1時間の大寝坊。あわててウチを飛び出したら、外はまさかの雪化粧!地下鉄乗り継ぎを、猛ダッシュでクリアし、試験会場にすべりこみました。
焦ったり、走ったりでからだがボカポカだったのはわずかな時間。会場が、オオバコすぎてまったく暖房がきかない!さむすぎる!
コートを着たまま、マフラー巻いたままガタガタ震えながらの受験となりました。
そして、肝心の試験のデキですが、「…」。


どの参考書にも書いてないコトが出てたり、出題傾向がこれまでとまったく違うて、ど〜よ!過去問題集5年分やった意味が、まったくないやん!と試験後のツイッターでつぶやいてる人続出に、「うんうんほんまやわ」とリツイートしながらかえりました。


介護士不足してるんちゃうの!
外国人の在留資格にもなってんのとちゃうの!
去年の合格率70%越えやったやん!


いろいろ思うことアリアリですが、また来年がんばります。😭


※フランクル、おぼえとけよ💢

e0008223_17024734.jpg


# by ke-ko63 | 2019-01-28 15:47 | へんなもん | Trackback | Comments(4)  

新年おめでとうございます

なんとか生きております
無病息災。この年になるとほんまそないおもいます
我欲を捨て、慎ましく…
いやいや今年もそれは無理。うまいもんをたべ、おもろいもんをさがしつつ、機嫌よく暮らせたら…とおもてます。
本年もどうぞよろしくお願いします
e0008223_19275920.jpg
2019焼肉はじめです。

# by ke-ko63 | 2019-01-06 19:18 | しゃーわせーなもん | Trackback | Comments(6)  

石切さん

いっぺん行ってみたい
そういう友人を連れて石切さんに行ってきました。
子供の頃、何度か来たことがあったけれど、石切駅から神社までの参道ってこんなんやったっけ?なワンダーワールド。
不気味に笑う福の神たち。
e0008223_23151343.jpg
e0008223_23150306.jpg
なにが三番目なのか肝心なところがわからない大仏。
e0008223_23162109.jpg
e0008223_23160839.jpg
そのほかツッコミどころ満載な参道商店街を歩いてると、そろそろお昼時。
そうそう石切さんに来たらよもぎうどんでしょう。
e0008223_23201944.jpg
歯茎で噛めちゃうくらいぷっすぷすのやっわやわなうどんは、よもぎが練り込んであるらしいけれどまったくそれっぽい香りはなく、よもぎの天ぷらのトッピングがなければ緑色のそば?な感じ。
が、このかやくごはんがメッチャウマーっ!
写ってないけど、ビールも頂きました。お参り前にすんません!って神さんに詫いれつつ…。
e0008223_23251144.jpg
で、石切さん到着。
それよりもこのお百度行列。
いや、行列というより行軍ですよこりゃ。
お百度石と石の間を30人ぐらいがぐるぐると、駆け足速度で回っているのですよ。
e0008223_23251748.jpg
ザ・お百度行軍

でんぼの神さんのいわれは、石切劔箭神社(いしきりつるぎや神社)の名前にあるそうで、”どんな硬い岩も貫き通す劔(つるぎ)と箭(や)”をご神体としていることによるのだそうです。
お百度はパスして、護摩木に願い事を書いておきました。
e0008223_11541593.jpg
今回は、石切さんの上之宮。上之宮があるとは知らなんだー。ということで、参道商店街をまた戻って、坂道をどんどんのぼって上之宮へお参り。
e0008223_23254944.jpg
"石切さんへ来たら、上之宮へもお参りを"と、駅へ抜ける路にも書いてありました。
上之宮近くに、謎の合掌施設。なにも書いてないのでわからんけれども…。
e0008223_23262079.jpg
石切さんといえば、ちょっと前のゆるキャラブームでご当地ゆるキャラとして、いしきりん ってのがいたはずなんですが、今も健在なのでしょうか?







第2回プラチナブロガーコンテスト



# by ke-ko63 | 2018-01-21 12:21 | おもろいもん | Trackback | Comments(4)  

3回目のの初詣

今年3度目の初詣。もはや初ではないんやけれど…。

ウチの利用者さんの中でも、「足が弱くなって初詣も行ってない」って方がいらして、勝手に名代として代参するつもりと、送迎時に車で通過するたびに気になってたのもあって、休日にでかけてみました。
e0008223_22292136.jpg
おぉ!なんて渋いんでしょ!渋すぎですって!
神社っぽくない屋根部分には、大好物の鬼瓦がいてはります。
e0008223_22292848.jpg
そしてこれはお正月期間限定なんでしょうか?しめ縄でしょうかね?
屋根が!屋根がカッコ良すぎます。桃山時代の建築だそうです。
詳しい由緒は、信長の焼き討ちにあって残ってないのだとか…。信長はここでもオイタをしとるんですな。コラッ。
e0008223_22293399.jpg
無事に仕事がうまく回りますように…。
初詣に来られへんかった利用者さんが、元気で休まず通ってこれますように…。
そしてここでも、初見の神社なのに欲深くふたつもお願いしておきました。






第2回プラチナブロガーコンテスト



# by ke-ko63 | 2018-01-07 22:31 | ありがたいもん | Trackback | Comments(2)