大阪ナイトクルーズ

17日。
大阪商工会議所主催の『お月見クルーズ』に参加した。
参加資格は、大阪検定合格者限定(合格者+1人までOK)という冠のついたイベントだ。

e0008223_21141974.jpg17日はちょうど満月。こりゃ行かにゃなるめーとばかりに、メールで早々に申し込んでいた。
が、当日は、重たい雲がじゃまして、お月さんは期待できないなーと思いつつも集合場所の八軒家浜へ。
受付を済ませ、いざいざ乗船。大阪水上バスさんhttp://suijo-bus.jp/のアクアminiは、こじんまりしているが、天井がとっぱらわれて開放感たっぷりの船で、船長さんのすぐ前の席に陣取り出航を待つ。

ここ八軒家浜は、その昔、京から淀川を下ってきた三十石船のゴール地点だった。(現在の地点は50mほど移動しておりますが)そして、この地が熊野詣のスタート地点なのだ。(というネタは過去のココで・・・)

水都大阪をアピールするためにここらの水辺を整備したんだが、今ひとつ盛り上がらぬ八軒家浜あたりに橋下クンもちょっぴり嘆いているとかいないとか・・・。

e0008223_21144725.jpg18:30出航!
そして、すぐさま乗客全員で「かんぱーい♪」
大川を下り、天神橋の手前で堂島川と土佐堀川に分かれる。
船は土佐堀川へ進路をとり、大阪にも川床を!と試験的オープンした北浜テラスのうちの1店舗『泉州旬味十六夜』さんに着岸。

そこでお弁当を積み込み、再び出航!
泉だこの炊いたん、ガッチョの唐揚、えび、出し巻、それからそれから・・・あ!松茸ごはん!

e0008223_21152924.jpg大阪検定をネタに会話できる相手が周りにいないので、今日ここへくるのが楽しみで楽しみで仕方なかったという人(うんうんわかるわかる)や、大阪出身じゃないけれど仕事の都合でいろいろ話すネタになればと受験して以来すっかり大阪にハマってしまって・・・という人、船場のことを調べるうち、あまりにもスキになりすぎて一家をあげて引っ越してきちゃったという人・・・。

はじめこそ初対面のもじもじさんばかりだったのが、いつのまにか打ち解けてワッハッハと船の上は大盛り上がり。"大阪検定"をキーワードに老若男女が集うっての、えぇなぁ・・・。
隣のおじさんが、「ほらほら見てみぃ」と空を指差すと、そこにはぼんやりとではあるけれどまんまるお月さんがあがっていた。

e0008223_2116370.jpg船はふたたび大川へ。
天満橋をくぐる。川崎橋のライトアップが夜空に映える。「キレーキレーキレー!」
川岸の桜並木もライトアップされていて、情緒たっぷり。
川面をライトが点滅しながらスーッと走っているのは、大阪市立大学のボート部だそうだ。「え?こんな夜に練習してるんですか?」と聞くと、「静かでいいんですよ」とのこと。なるほど。でも、ちょっと怖いなぁ。

左隣の席の方が「もうなくなっちゃったでしょ?はい、コレ」と、背負ってたリュックから缶チューハイを取り出して手渡してくださった。その後も、魔法のように何本も何本も出てくる、出てくる・・・。
赤ワインや、コップまで!「はい、回して回して・・・」
なんと段取りのえぇお方や・・・と、ボーゼンとしていると、この方が今回の大阪検定1級合格者サマだと紹介があった。
1級の合格者はたしか・・・1.8%、10人しか合格しなかった超難関だったはず!
「す、すごっ」と、たじろいでいるとさらに追い討ちをかけるように「最高点獲得者でもあります」とのアナウンスに二度ビックリ。
船内は、検定1級必勝法レクチャーで、さらに盛り上がる。

e0008223_21165144.jpg「もともとまち歩きがスキやったんです。どこにでも興味を持って、歩きに行きましたよ」
なるほどー。そうやんね、いくら本を丸覚えしたところで出題範囲が広すぎてキリがない。やっぱり自分の足で歩き、頭で考える。なにより大阪がすきやっちゅーことが大切なのよねーと、感心することしきり。

船は銀橋をくぐってUターン。
桜ノ宮橋ってのがホントの名前だけれど、大阪人は銀橋って言った方がとおりがいい。安藤忠雄の設計。
橋をくぐるたびに、橋の上をゆく人に皆で手を振る。すると、気づいてくれた人が手を振り返してくれる。
ね、いいでしょ?

昼間のクルーズは何度かあるけれど、夜もこりゃまたえぇもんですな
そんな会話がそこここで聞かれる。ほんまですねぇ・・・。”水都”大阪をもっともっとアピールしたらえぇのに・・・。

天神橋までもどった船は堂島川へと舵を切る。
阪神高速をくぐり、ライオンさんのいる難波橋、天神祭の神事を今も執り行うことが名前の由来である鉾流橋をくぐる。

e0008223_21183848.jpg中之島公園の野外レストランのお客さんに「おーいおーい」と手を振ったり、振られたり・・・。
ライトアップされた中央公会堂もステキ。

水晶橋は、水深が浅くなってて手前でUターンしてスタート地点の八軒家浜に到着。
大阪八百八橋。橋の数がどうこうよりも、ぜひ”水都”大阪を体験してほしい。

大阪えぇとこです。ほんまにえぇとこなんです。
[PR]

by ke-ko63 | 2010-10-29 21:31 | きれいなもん | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/13530279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2010-10-30 23:55
ほんとに!同好の士が集まって思い切り話ができるというのはいいものです。普通だと話が通じなくてイマイチですからね。ツーと言えばカーですから、それもみんなで船に乗ってツーツーカーカー大騒ぎなんてなかなか粋なことをしてくれるんですね。これは楽しいな~よかったな~。
Commented by ke-ko63 at 2010-11-01 09:54
>ミケさん
あの橋はねー、昔渡し舟があった時代に架橋してねー・・・渡り賃取って橋を渡ってたそうでねー・・・
なんて話を「うんうん、そうそう」って頷きながらワイワイ言えるのって楽しいもんです。
でもねー、こんなコアな連中を商工会議所がほっておくはずもなく大阪のイベントに引っ張り出すみたいですよ。あー商売上手だわ!

<< てんやわんやな伊予路 2010... てんやわんやな伊予路 2010... >>