坂の上の・・・ウキウキ初GW遍路行 19

迫割禅定から本堂へ向かって急坂を下っていると、下から上がってくるグループに出会った。
「こんちはー」と声をかけると、「上まであとどれくらいですか?」と先頭の女性が聞くので、逆打ち?と思って聞くと「いや、迫割禅定まで行く」と言う。

ナヌーーーッ!

岩屋寺は、本堂のさらに下に駐車場があり、クルマでお参りに来た人はずんずん登ってこないといけないことになる。
迫割禅定がどんなものなのかは知らないけれど、とりあえず本堂で鍵をもらってきたので今から行ってみるのだとおっしゃった。

エェーーーーッ!

女性から遅れて数メートル、年配のご夫妻が続く。ご家族なのか?とゆーか、そこそこお年を召してらっしゃるけれど「迫割禅定やらはるんですか?」と、恐る恐る尋ねてみた。
「えぇ、なんだか娘が張り切っちゃって…アハハ」と、息を切らしながら答えてくださった。

彼らは迫割禅定がどういうものなのかを全く知らないのだという。
知らないというのは人間を時として大胆にさせる。
駐車場から本堂経由で迫割禅定までのぼる行程で、そんなけ息切れててアレほんまにやらはるんですか?足ガクガクよーもう!とかおっしゃってるけど、そんなでアレやらはるんですか?
と、聞きたかったが、いや、いらんことは言わん方がいい。

「そ、そうですか。いや、はぁ、あの、が、がんばってください」
そう言って彼らを見送った。

先を行く長野さんに追いつくと、「あの人たち今から迫割やるって言ってたよね?ちょうどよかったじゃん、どうするの?キミは…」とニヤニヤしている。
鍵を本堂にもらいに行ってまたあがってくるのが面倒でアタック中止を宣言したワタシとしては、「いや、もう、ほら、ここまで下ってきちゃったしねぇ…アハハ」と苦しい言い訳をしながら長野さんを追い抜いた。

いやー、あぶなかった。あのグループがもちょっと早く上がってきてたら…と思うとねぇ…(゚∀゚ ;)タラー
[PR]

by ke-ko63 | 2011-05-23 05:49 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/14825230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 坂の上の・・・ウキウキ初GW遍... 没後150年 歌川国芳展@大阪... >>