愛知にも愛があるんだってさ。-常滑の街並み-

満腹になったところで、あらあらもうこんな時間。急いで次のポイントへ移動しなきゃ。

睡眠不足な上に満腹中枢が満たされるとどうなるか?
ちょうどシエスタの時分どきでもあったりで、ウトウトとするうちに「はいとーちゃく。さ、下りた下りた!」

常滑。
そう、常滑焼の街だ。
以前テレビでこちらの街並みを見て以来、行ってみたいなーと思ってた。

e0008223_5425923.jpg
常滑と書いて『とこなめ』。
小学校の頃、『なめとこ山の熊』ってお話を読んで以来、とこなめなのかなめとこなのかちょっとこんがらがる。そんな常滑。『なめとこ山の熊じゃない方だからとこなめ』といちいち言わないとどっちだったかなーと思ってしまう、そんな常滑は、日が長くなったとはいえすでに夕方。観光客ももうあまり見かけない。
そんな静かな街並みを散策する。
郵便ポストの上にもほら、かわいいニャンが…

常滑まねき猫通り。
車道にそった坂道の壁に、39匹のさまざまなご利益のあるまねき猫がはめこまれていてひとつひとつ見て歩くうちにウフフと思わず笑みがこぼれる。
e0008223_5432354.jpge0008223_5431574.jpg
e0008223_543574.jpge0008223_5461190.jpg
e0008223_546545.jpge0008223_5455590.jpg
e0008223_548364.jpg


坂道を上がって脇道に入り、細い道をクネクネ行くとさっきの坂道の上に出る。そこから常滑の街の安全と発展を見守るようにでっかいまねき猫(とこにゃんというそうです)が見下ろしている。
常滑は、まねき猫生産日本一だそうで、街も"まねき猫のふるさと"と謳っている。だけど、とこにゃんは首から下が残念で、背面も切なかった。あぁ…。
e0008223_5494951.jpg

散策コースの途中にあるお店も、すでにほぼ閉店していて、それが静かな街並みの普段の呼吸を取り戻しているようでゆっくり歩くのにちょうどいい。

焼き物の街は、これまでもいくつか訪れたことがあったけれど常滑は観光ズレしてないっていうか、普通にそこに人々の暮らしがあって、あたりまえの生活感がある。それと常滑の風景がいい具合に溶け合って、観光に来たというよりご近所を散歩しているような自然な空気感なのだ。
e0008223_5531682.jpge0008223_5531229.jpg

道端を掃き掃除のお手伝いをしている3つくらいのおんなの子と、お話ししたり、睡蓮鉢で泳ぐ金魚を眺めたり、散歩に疲れたらココで休憩できますよ(無料)という案内看板を見つけたり、とても自然体で心地いい。

ちょっとした路地や、坂道に埋め込まれた瓦、壁にはびっしりカメが埋まっていておもしろい。
レンガの登窯はまっすぐまっすぐ空へと伸びて、青空とのコントラストにうっとりする。
いいなぁ、ここだけ時間がすごくゆっくり流れてる。いいなぁ…。
e0008223_553889.jpge0008223_5532542.jpg

残念ながら時間が遅かったので、焼き物そのものを見ることはできなかったけれど、常滑という街をぶらぶらと散歩するためだけでもまた来てみたいと思う。
暮れなずんでいく街並みを眺めたいなーと思ってたけど、そろそろ帰らないと…。
e0008223_5552789.jpg

-------------∞------------∞------------∞------------∞------------∞------------∞------------
愛知県へは、仕事で行ったことと播磨屋を追っかけて御園座へ通ったくらいで、こんないいところがあるなんてちっとも知らなかった。

でもね、『尾張名古屋は城で持つ』と言うけれど、やっぱり名古屋城より大阪城のが断然カッチョいいなーと、トヨタビルの展望フロアから眺めて再確認しましたよ。オホホ。

                                             おしまい
[PR]

by ke-ko63 | 2011-07-05 06:03 | しゃーわせーなもん | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/15064384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2011-07-05 22:27
常滑はたぶん通り抜けただけだったと思いますが、町全体が焼き物の町で、おまけにまねきねこがた~くさん居るんですね。初めて知りましたー。昔から焼き物の町というのは雰囲気が変わらなくて長い間やってきたことをすぐには変えられないんでしょうね。そこがまた落ち着いていていいんだろうなぁ。
ところで先程、和歌山で強い地震があったそうですね。そちらは大丈夫ですか。
Commented by クマタカ at 2011-07-05 23:16 x
こちらで一般的な常滑焼といえば、何といっても朱泥色の急須!(毎日お世話になってます)まねき猫の生産日本一だとは以外でした。
その、切なく感じたという"とこにゃん"の首から下と背中って、いったいどんなの?
Commented by ke-ko63 at 2011-07-05 23:58
>ミケさん
招き猫の絵付けとかもどこかでやってたはず。
もっと写真撮ってたんだけど、どれも今ひとつで…。

変わらない良さってありますなー。ここがほんとそうなんじゃないかなー

和歌山は震度5でした。ここいらでは震度1だったけど、かなりな広範囲で、いよいよ来たか南海地震ってビビりましたよ。
Commented by ke-ko63 at 2011-07-06 00:00
>クマタカさん
だそうですなー。急須も何もかも焼き物はまったく見ることができませんでした。

とこにゃんの切なくて残念なところは…。
それは、ご自分の目で…。^_^;

<< 愛染まつり1 -愛染さんとご対面- 愛知にも愛があるんだってさ。-... >>