小豆島遍路に行ってきました7 10番 西照庵 3番 観音寺 3番奥の院 隼山

お腹が空いた。時間は10時を回っている。朝ごはん食べてなかったよぅ…。
で、ご飯を食べられるトコを探しつつクルマを走らせる。ないもんですなー。
小豆島の方は喫茶店でモーニングとか召し上がらないのだろうか?
結局、坂手港まで戻ってきてもそれらしいお店がなく困っていたら、大きな佃煮屋さんの入口に『たまごかけごはん』の看板を発見!
e0008223_402279.jpg


たまごかけごはんとさぬきうどんのセットをオーダー。
ほんとは11時からだったみたいだけど、受け入れてくださった。ありがたい。
うどんはシコシコ(そういえば小豆島は香川県だった)でお出汁も美味しかった。
おへんろさん用の休憩コーナーなどなど痛み入ります。そうそう、おへんろさん割引もしてくださった。ありがたい。

お店の方に断ってクルマをちょっとの間置かせてもらい、道路をはさんで真向かいにある10番 西照庵で、お参り再開。
お腹もいっぱいなので、読経もチカラが入る。
e0008223_401833.jpg

    ※右手のイケメンかかしの視線が気になって仕方なかった雑念まみれなお参りでしてん

11時 3番 観音寺。大きなお寺さんだ。
e0008223_402100.jpg

             ※石段の手すりにワニ?

お参りを納めたあと御朱印をいただこうと納経所前で待つもどなたもおられない。いや、たぶんさっきから地元の方たちと談笑している作務衣のあの方はきっとお寺の方だ。おーい気づいておくれよ…とヤキモキしてると、観光タクシーのおじさんが「おじゅっさん、呼んできてあげようね」とパシってくださったおかげで、御朱印もゲット。
タクシーのおじさん、ありがとうございました。
e0008223_3595879.jpg


さっき洞雲山から歩けば400mで行けるハズの、その400mの区間でのイノとの遭遇が怖くて下山してきた隼山をめざす。
たった400mのためにえらい迂回になってしまった。
山道を、いやこれマジで登れんの?的な急坂そして悪路。4駆だからヘーキじゃない。後ろへ転がらんかこの斜度って…な坂道をローギヤで登り切って到着。クルマも命がけだよ、( ´ー`)フゥー...

11:50 3番 奥の院 隼山。
朱塗りのきれいなお堂には聖観世音菩薩と書かれた扁額があり、正面にその観音様が安置されている。ここも無人。ひとりだとちょっとはりきって読経するのが心地いい。
e0008223_3595559.jpg
e0008223_3595224.jpg


ここから少し坂を登ったところに本堂。やっぱり無人。
e0008223_445496.jpg

e0008223_46811.jpg

   ※本堂へは昔はこの石段を登ってきたんでしょうなぁ。メッチャ急やし。今は立入禁止の模様。

e0008223_46122.jpg

             ※海が見えた。結構登ってきたなーってカンジ。

こちらも岩盤に埋まりこんでるよな洞窟系つーか洞穴系なお寺さん。
e0008223_455961.jpg


お参りを納めてそそくさと下山。
お堂には「猿が入るから扉を閉めてください」てな注意書きがあったりで、イノのみならずサルまでもか!と恐怖のボルテージ急上昇。山はもういいッス。里のお寺にお参りしたいッス。
[PR]

by ke-ko63 | 2013-11-28 04:18 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/21384117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2013-12-01 16:46
やはり早いとお寺さん独り占め状態ですね。
卵かけご飯はこの卵は半熟卵なの?おいしそうだねー!
Commented by ke-ko63 at 2013-12-02 14:35
>ミケさん
たぶん一日中そんなに人の気配はないような感じッスよ。山寺。
卵かけごはんおいしかったです。あと佃煮も。
歩いてる時はあの佃煮臭に鼻がもげそうだったんだけど、食べるとおいしいんですなぁ。

<< 篠山でぼたん鍋 紅葉狩り その2 >>