知多四国遍路 いよいよゴールへ 2

あるお寺でお参りを納めたあと、ふと見るとお堂の柱にカマキリ!。
近寄ってみると、これがデカい、見たことないくらいデカい。
そんなカマキリを撮っていると、白衣を着たおじさんが話しかけてきました。
e0008223_19445820.jpg
「カマキリ、そんな珍しい?」

このおじさんは、さっきのお寺でお見かけした方で、たぶん奥様と一緒に知多四国を廻ってらっしゃるのかお二人仲良く白装束なのです。

クルマ遍路は、同じコースをたどるので行く先々で「おやまぁ、またお会いしましたね」的なアイコンタクトがあったりして、おじさんもちょいちょいワタシをチェックしてらしたとのこと。

「大阪からだよね?」「ひとりで廻ってるの?」とかいろいろと聞いてられます。
今回の知多四国遍路で、はじめて他のお遍路さんに声をかけていただいて、ちょっと四国を歩いてた頃を思い出したりして嬉しかったです。
おじさんは、"わざわざ大阪から来た"とゆーことで、たいそう喜んでくださり、「ありがとうね~」と何度もねぎらってくださるので、大阪からたった2時間ちょいで来れるのにかえってなんだか申し訳なくって恐縮していると、「これをお守りに・・・」と錦の納め札をくださいました。
e0008223_19451262.jpg
キャーッ!感激ぃ~ッ!

「また、次のお寺で会うけどね」と、おじさんと笑顔で別れたけれど、なぜかその後お見かけすることはありませんでした。
一期一会。しみじみそれを思いました。
そして、いただいた錦の納め札をあらためて拝見すると、239回も廻ってらっしゃる先達さんのご夫婦でした。




[PR]

by ke-ko63 | 2015-10-21 19:46 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/23794934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2015-10-26 00:02
錦の納め札は御利益ありますよ、きっと。よかったねー!
先日のこと、簡保の養老保険(養老だと、トホホ)でポストの貯金箱をいただきました。それが金色ピカピカ。ポストは赤でしょうに。
Commented by ke-ko63 at 2015-11-04 20:27
>ミケさん
あれよあれよで11月です。お返事遅くてごめんちゃい。
錦の納め札は、納札箱を漁ってパチっていく人もいたりします。
そんなのご利益ないのになー って思うんだけど。

金ピカポスト貯金箱。お金たまりそーだなぁ…
貯まったら当局へ…ってことでしょうね。

<< 第35回福祉住環境コーディネー... 知多四国遍路 いよいよゴールへ 1 >>