春が来たなぁ~ と思う味

いかなごの釘煮をいただいた。

毎年、この時季になるとお手製の釘煮をいただくのだ。
いかなごとは、スズキ目イカナゴ科で漢字では玉筋魚とかくのだそうだ。大きくなるとカマスゴ、地方によっては小女子と呼ばれたりもする、ちぃこいほっそい魚。
播磨灘から大阪湾で獲れるそうだ。
それを醤油とザラメ、生姜で甘辛く汁がなくなるまで炊きあげると、曲った釘のようにみえることから釘煮といわれるようになったのだとか。

毎年この時季限定なので、いかなごが入荷するこの1週間に60kgを炊き上げるというそのいかなご釘煮名人の味付けが絶妙で、甘さと辛さの比率がパーフェクトなのだ。
ほかほかご飯にのっけてもよし、おにぎりにまぶしてもよし、何より酒の肴にサイコーで、ちょっとつまんでは燗酒をちびりっ、またつまんではちびりってな調子で止まらぬうまさなのだ。
今年は、「お好みで…」と釘煮の汁で炊いた山椒の実をオプションで添えてくださった。まーたこれがうまいのなんの!一粒噛むとシリリッとくるあの感じが止められない。

毎年レシピを教えてくださるんだけれど、愛想笑いしながら今年もできあがったものを頂戴してきちゃった。
いかなごでCa摂取。さすればカリカリすることもなくなるだろーか…。

いかなごGO!GO!ってファンキーな歌があるそうです。ちょっとクセになる歌です。
[PR]

by ke-ko63 | 2008-03-08 23:56 | うまいもん | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/7466560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 湯浅ぶらぶら旅 Vol.1 駅弁 2月最後の日曜日 >>