廃線ぶらぶらウォーク vol.3 人生は感動の連続でありたーい!

e0008223_21141567.jpg
トンネルを通るたび胃の裏っかわがヒクヒクするような居心地の悪さを感じながら、それでも何本もやり過ごすうちに少ぅし慣れてきたのか、「トンネルなんてなーいさ、トンネルなんてうーそさ♪」と得意の自作ソングで通過する。


e0008223_21151183.jpg
そのうちの一本をクリアし、少し行くと鉄橋が!
正しくは鉄橋跡なんだけれど、今まで右側を流れていた武庫川が鉄橋の下をくぐっている、流れも激しくなり岩にぶつかる時のしぶきやらごぅごぅと音を鳴らして流れるその上に立っていると足の裏がむずむずする。

e0008223_21155641.jpg
「鉄橋だー鉄橋だーうーれしーな♪」のフレーズばかりを繰り返しながら渡り切る。
もちろん落下防止ネットもなければ、警備のおっちゃんもいない、あるのは鉄橋横に"転落キケン"の看板だけ。
先に見てきたJRの"ここは廃線でっさかいにな。なんぞあってもJRは責任とりまへんでー"的な看板を思い出す。




e0008223_21163183.jpg
ピンクのはなびらのかわいい花をつけた木があったり、山の向こうにちぃさい花をいっぱいつけたつつじ(?)が見えたりする。


e0008223_21171499.jpg
これはなんという木なんだろうか?木だけじゃない、花も草も鳥も知らないことが多すぎる。
こんな秘境で、ハイカーの目を和ませてくれる自然に対して、「きれいやねー。かわいいねー。」としか言ってやれないもどかしさ。



e0008223_21175497.jpg

少し行くと、人面岩という案内板があって、そういえばどことなーく人の顔に見えなくもない。
これなんて円空彫っぽくない?
小学生の頃使っていた彫刻等のケースの上蓋に印刷されていたあれを彷彿とさせる。



e0008223_21182980.jpg昔の福知山線ってこんなところを走ってたんやー。
武庫川渓谷の自然に抱かれて、さぞかし当時の乗り心地はよかっただろうなぁと思われる。
『人生は感動の連続でありたーい!』うんうん。まさしく。
兵庫登山会はえぇこといわはる。
桜の園も、笹部桜もまた今度来よう。今日は武庫川渓谷にばんざいだ!
[PR]

by ke-ko63 | 2008-04-10 20:48 | すごいもん | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/7714508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2008-04-12 17:29
これはなかなかスゴイところですねー!秘境というより廃墟。廃墟趣味の人もいるんだけど、どうも不気味ですなー。でも見たい、いやちょっとだけ・・・と言ってだんだん進んで行くんですね。こっちにもこういう立て札があるけど「蜂やヘビに注意!」とか「熊出没注意!}とかいうのとは違って「〇〇防止」を呼びかけてるんじゃないかと思います。自分達の愛する山をヘンなのに問題起こされたら困る、ということかな。ほんと、人生は感動の連続でありたい、小さくてもいい、感動がなかったら自分でみつけよう!ですね。
Commented by ke-ko63 at 2008-04-13 21:30
>ミケさん
JRはこの廃線跡をハイキングコースとして利用するのを快く思ってないようで、でも兵庫登山会の看板にあるように結構利用している人はいるようです。

<< 廃線ぶらぶらウォーク vol.... 廃線ぶらぶらウォーク vol.... >>