チンチン電車ぶらぶら旅 vol.3 ウケ狙い商店街?

安倍晴明神社参拝を終え、大通りへ戻りそのまま道なりにぶらぶら。
と、またもや鳥居!

e0008223_23555727.jpg
阿倍王子神社とあった。
さっきの安倍晴明神社に比べると威風堂々としていて、由来を読むと安部晴明神社はこちらの外社なのだそうだ。なるほど"格"がちゃうってことなのね。
阿倍はともかくとして"王子"ってなによ。今はやりの(でもないか)王子のさきがけ?


e0008223_2356381.jpg
で、びっしり書かれた神社の縁起を読んでいると王子ってのは、熊野本宮の分霊社のことを言い、おこちゃまの神さんって意味らしく、やはりプリンスの王子ということらしい。
ははん。だから熊野街道の道標が目に付いたのね。

熊野へ参詣する際に99か所のポイント(社)が設けられていて、参詣者は各ポイントでお供えをしたり、お経を読んだり(神社なのに?)することになっていたらしく、そのポイントを"王子"と呼び、99か所あるので九十九王子というのだそうだ。
戦国時代の戦火に遭い、ココ阿倍王子神社は九十九王子で唯一現存する王子社というスゴイ神社だった。


お社の敷地内には4本ものご神木があり、それぞれに"ナントカの木霊神(こだまのかみ)"という名札がぶら下がっている。
霊感というものはあまり感じない日常だけれど、さっきの安倍晴明神社といいこちらの阿倍王子神社といい霊的エナジーがなんとなく満ちてくるようで、へそのあたりがもぞもぞしてきたぞ。
せっかくなので、4本のご神木にもタッチしちょろっとパワーをいただいた。

e0008223_23571348.jpg
この由緒あるありがた~い神社からほど近くにあった商店街。
商店街会長(言い出したら聞かないガンコもん)の発案による命名でしょうか。ぽいなぁ。会長の風体含めてすべて想像ですけれど。

e0008223_044214.jpgロゴマーク拡大図です。
[PR]

by ke-ko63 | 2008-04-20 00:00 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/7776865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2008-04-24 12:16
安倍晴明さんはついこの前はあちこちで大もてでしたね。昔々もきっとカリスマ的存在だったのでしょう。きっとスマートなイケメンだったと思います。ぽっちゃりさんでは威厳がないもんね。
この地は何か学芸員さんに案内してもらって歩いたらよさそうですねー。
Commented by ke-ko63 at 2008-04-24 22:14
>ミケさん
義経がでっぱの猫背チビッコだったと聞いた時のショックを思い出しました。絶世の美少年だと思ってたのにぃ…。てね。
後世に伝えられるならやはりステキな殿方はよりステキに。そうでない方はかなーり美化されちゃうんでしょうなぁ…。

<< チンチン電車ぶらぶら旅 vol... チンチン電車ぶらぶら旅 vol... >>