踊る阿呆ぅに 歩く阿呆ぅ -第2回お遍路行2-

帰省渋滞もあり少し遅れて15:00に徳島駅着。
(おぉ!とうとう来たんだ!)という感慨はあまりなく淡々と駅へ向かう。駅のコンコースは明日からの阿波踊りになんとなくウキウキしているようでそこここで阿波踊りのテーマソング(?)が流れている。

列車に乗り込み向かい合わせ4人がけのシートに陣取り、ザックと笠、金剛杖を下ろす。ホコリっぽい車内のにおいを感じながらいまひとつ気分が盛り上がってこない自分が窓に映っているのを眺めていた。

いくつか駅を通り過ぎた頃、壮年の歩き遍路さんが乗り込んできたのが見えたので軽く会釈すると会釈を返してくださった。ワタシの荷物を眺めて『お遍路』のにおいをかぎとったのか、つかつかとやってきて向かいの席に座られた。
真っ黒に日焼けしたおじさん遍路は、ニコニコしながらワタシが大阪から来たのを聞くとお笑いの吉本の話題に始まり政治経済に至るまで怒涛の漫談をくりひろげだした。

(大阪=吉本 って思われるのは仕方ないのかもしれないけれど、『大阪の人は吉本の話をすると喜ぶ』実際はそんなでもないんだけどなぁ…)と思いつつ、いつ止むとも知れないおじさん遍路の話は続く。
正直ちっともおもしろくないし、ウケ狙いのおやぢギャグも「採点するなら3点です。」とハラでは思いつつ終止笑顔で拝聴する。(オトナですから)

もうすでに何回も回っておられるようで、明日は焼山寺をめざすという。
(え!マジ?一緒やん。)
鴨島駅に到着し、おじさんとワタシ扉の前に立つも待てど暮らせど扉が開かない。
すると親切な方が扉横のボタンを押してくださり扉が開いた。
(え?下車ボタンで扉開けるんスか?)
何度も回ってるおじさん遍路も知らなかったようで「危なく乗り過ごすところだったねー」と顔を見合わせながら改札を出る。

「深刻に悩んだってつまらんよ。誰だって何かしら悩みは持っているんだし、クヨクヨしていても悩みがなくなるわけでなし人間胸張って上向いて歩かないとね。悩んでも仕方ないよ。元気出していこう!」と妙にワタシを励ましてくださるおじさん遍路。
(いや、あのぅ特にコレっちゅー悩みってないんスけど…)と言ってもみたけれど"悩みを抱えて遍路へやってきたジョシ"とワタシを決め付けたおじさん遍路は受け付けてくれない。はは~ん。車内で吉本漫談を展開したのもワタシを元気づけようとしてだったのかしら…(3点だけど)
が、宿に入るぎりぎりまで手を振って「悩みなんてちっぽけだからねークヨクヨしなさんなー」と大声で励ましてくれるのはありがたかったけれど同宿でなくてよかった。あの調子だと宿でもずっと励まされ続けなければならなかっただろうから。

おじさん遍路と別れてからしばらく歩く。
スーパーに立ち寄りお茶を買う。明日の山越え用の水分確保用ペットボトルだ。
店内のBGMも阿波踊り。地元のコドモが音楽に合わせて踊っているのを見ていると、さっき別れたおじさん遍路の言葉が思い起こされる。「悩んだってしゃーない。踊らにゃそんそん」だ。(特になぁんも悩んでないけれどね)

昨年打ち止めの11番藤井寺から鴨島駅までの遠かったことを思い出しながら歩く。それまではほとんどできなかったマメが藤井寺から駅までの間に大量生産されたのを思い出しながら…。
が、あっけないほどにすぐに今宵の宿『旅館 吉野』に到着した。
[PR]

by ke-ko63 | 2008-08-20 10:42 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/8492187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2008-08-20 23:05
いよいよお遍路にお出かけですね。それもちょうど阿波踊りが見られそうでラッキーかな。またまたウフっとかクスクスとか笑いをこらえながら読んでます。無事に予定どおり回れますように応援してます。前回のお遍路を参考に準備おさおさ怠り無く準備万端、用意周到、安全走行で行ってらっしゃーい。
Commented by ke-ko63 at 2008-08-21 09:41
>ミケさん
ドンピシャ阿波踊りでしたよ。でもね。踊り浮かれている人を横目に黙々とただひたすらに黙々と鈴を鳴らしつつ同行二人でした。
同宿の車遍路グループは、タクシーを呼んで見に行ってきたようなことを言ってました。
準備については、「オヌシぬかりはないな?」と思っていたけれどやはりまだまだ改良の余地はありそうです。
何事も経験ですよねぇ…。
Commented by コイケダ at 2008-08-21 10:20 x
お疲れ様でした。ともあれ無事で帰ってきたのは間違いないのね☆

ザック3.6キロはエライな、あたしゃ最近、計るのもヤメタ・・・(--;
真夏の遍路ころがし、アブには襲われなかった?鮎喰川きれいだった?お遍路行記録、続きを待つ!
Commented by ke-ko63 at 2008-08-21 13:54
>コイケダねーさん
はい。おかげさまで戻ってまいりました。(敬礼ッ)
3.6キロに水が1.5キロなので5.1キロですな。焼山寺を越えても山越えは続くよどこまでも…だったため常に500ミリ×2本のペットボトルを持ち歩いておりましたよ。
あぶ、はち、きれいなとかげ、いろんなせみ、きゃうきゃうなく鳥(?)など大自然満喫でした。大勢が川遊びに興じている鮎喰川は何度とびこんでやろうか と思ったか…

<< 焼山寺越え前夜 -第2回お遍路行3- 煩悩の重さ -第2回お遍路行1- >>