気分だけ阿波踊り -第2回お遍路行 おまけ-

e0008223_23192815.jpg今回のお遍路行は2008/8/12~8/17の期間でした。(本編は8/15です。なのにすでに22話。)ちょうど15日は3日続いた阿波踊りの楽日でして、14日に泊まった宿のおいちゃんも、メッセージカード付きのお接待をしてくださった鐘つき師匠も、「ちょうど徳島をとおるんだから、ちょっとでもいいから阿波踊りを見て行きなさい。いや、せっかくだから踊って行きなさい」と勧めてくださいました。


e0008223_23203840.jpgたしかに徳島駅周辺は、踊る阿呆や見る阿呆でにぎわっており、すれ違うジョシの手には分度器が入ってるのか?と思えるような妙な形のバッグが下げられており、あぁ、あれは阿波踊りの際のジョシのかぶる笠なのだねぇと後で気づいたりしたのであります。(意外とおしゃれなバッグでございました。)
阿波踊り会館の前も通りました、さしかかるとセンサーが感知して阿波踊りの音楽が流れる橋も渡りました。しかし、見学しておると間違いなく当日中には宿には着かなかったと思われます。ましてやへんろ装束で阿波踊りに参加するなんて…。


e0008223_2320165.jpg数年前、同じ時期に徳島に阿波踊りを見に来た折の、あの鳥肌が立つような感激、路地やちょっとした広場でめいめいの連がさまざまに踊る徳島の街は、まさに踊る阿呆ばかりでした。鉦の音、太鼓のリズム、踊る阿呆も見る阿呆も一体となって徳島の夜を過ごしたように思い出されます。
大阪へ帰ってきてしばらく、テリトリー内の街で阿波踊りのイベントがあると知り行ってきました。
本場の有名連の方々の踊りを見ているだけで、今にも徳島へ渡りたい衝動に駆られました。阿波踊り→徳島→お遍路の連鎖反応です。
神山町のすだちを販売しているブースでは感極まって落涙した次第です。
最近はデパートの徳島物産展という電車の中づりだけで、こみあげてくるものがあり、重篤な「お四国病」が続いております。 
[PR]

by ke-ko63 | 2008-09-13 23:23 | お遍路に行きたい | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : https://harikiriq.exblog.jp/tb/8609888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikeblog at 2008-09-14 01:00
阿波踊りの時期はとても正常心でいられないのがご当地のみなさんだとTVでいっておりました。写真を見ているだけでもそんな感じです。確か田辺聖子さんも〇〇連とかで踊りまくっていたそうな。お歳になられたけどまだ踊っているのでしょうか。
Commented by macky023 at 2008-09-14 06:58
す、す、す、す、すげぇ~!!
これぞまさしく踊る阿呆と見る阿呆の華麗なる共演。
手を振り振り、おっちゃんがこちらに迫ってきそうですぜぃ。
Commented by ke-ko63 at 2008-09-15 08:25
>マッキーせんせー
このおっちゃんの顔えぇでしょ?カメラ目線で踊るおっちゃんは会場を盛り上げてました。
Commented by ke-ko63 at 2008-09-15 08:28
>ミケさん
カモカ連ですな?
知り合いが連を作っていて、欠員が出たからと激しい勧誘に遭いましたが、あの踊りは常に中腰で、かかとを上げた状態で両手を上にあげたままの踊りなのでとてもじゃないけどアタシにゃ無理とおことわりしました。
「いいダイエットになるよー」って誘い文句にかなり揺れましたけれど…

<< 低いハードル -第2回お遍路行24- 義経ドリームロードて… -第2... >>