カテゴリ:ステキなもん( 2 )

 

おわら風の盆へ 2

e0008223_22402350.jpg
e0008223_22403884.jpg
八尾の駅を下り、日が落ちると通りのぼんぼりがいい感じに灯ります。
広場や神社の境内、お寺の本堂で輪踊りを見物します。
e0008223_22410081.jpg
e0008223_22302215.jpg
胡弓と三味線の伴奏に、おわらの切ない節回し…。えぇ声で高音も伸びやかに歌い上げます。そのおわら節に合わせたゆったりとした踊り。
男踊りと女踊り、どちらも編笠を深くかぶって表情が見えないのに、妙に艶めかしい振り付けにうっとりと見とれる観衆たち。
e0008223_22321066.jpg
e0008223_22313093.jpg
八尾は小さな町だけれども、おわら風の盆開催期間の3日間に全国から20万人を超える観光客が訪れるそうです。
e0008223_22303600.jpg
e0008223_22443520.jpg
八尾は坂の町です。各町ごとに伴奏と歌い手と踊り子の編成をおっかけるように、ギャラリーとともに坂道を下りながら歌い手の上手を批評したり、女踊りと男踊りのペアの決めポーズで拍手がおこったりと観客も十分に参加して楽しめます。
e0008223_22445146.jpg
徳島の阿波踊りとは違い、しっとりと情緒たっぷりのおわら風の盆。
また時間をつくってぜひ訪れたいおまつりです。


[PR]

by ke-ko63 | 2017-09-06 22:47 | ステキなもん | Trackback | Comments(2)  

おわら風の盆へ

もう何年も前から「行ってみたい」と思っていました。

おわら風の盆。

9/1から3日間、越中八尾はおわらで盛り上がるのだそうです。ゆったりとした踊りと切なく響く胡弓と三味線の音色にのせて、越中おわら節の哀愁漂う節回し…。
三連休をもらって、行ってきました。

月影ベイベ も大人買いして読みました。
おわら風の盆恋歌 も通勤のバスで読みました。

やっとやっと行けることになりました。ヤッター!

秋の訪れを告げる おわら風の盆

がっ!
富山駅から会場の八尾までの移動にJRを選択しましたが、侮っておりました。
田舎のローカル線なのに、乗車するのに整理券がいるとのこと。
e0008223_23335339.jpg
さらには、乗車する時間の30分前に集合し整列させられ、おっとろしくレトロな電車に乗車させられました。
e0008223_23342399.jpg
乗客を見わたすに、概ね60代以上。
しかし、みなさん表情が高揚してらっしゃる。
e0008223_23341030.jpg
だって、一年に3日間だけのおわら風の盆なんだもの…。
ウキウキとはまた違う、ソワソワ?ワクワク?
あらゆるそんなキモチをひっさげて現地に乗り込みます。


[PR]

by ke-ko63 | 2017-09-03 23:36 | ステキなもん | Trackback | Comments(0)