タグ:へんろ ( 2 ) タグの人気記事

 

お誕生日会をハシゴする遍路 摂津国88ヶ所-72清澄寺 69・70中山寺 

今日6月15日はお大師っさんのお誕生日だそうです。
お大師っさんも6月生まれのふたご座だってことがちょっとうれしかったりします。ワハハ。
真言三宝宗 大本山 清荒神清澄寺の弘法大師降誕会にでかけてみましたよ。
青葉まつりともよばれてるそうです。
e0008223_19125346.jpg
e0008223_19130567.jpg
11時から本堂で行われる理趣三昧法要に参加し、ありがた~いお経(でもちょっと退屈)を小一時間拝聴。
その後、境内の修行大師像前に場所を移動して法要、そして法話ののち、供物のおさがりをいただきました。紅白のお餅です。
お誕生日プレゼントも持って行ってないのに気ずつないこってす。
e0008223_19131807.jpg
修行大師像前でスタンバる坊様たち
境内をぐるりとひとまわりし、駐車場へ…。

e0008223_19132771.jpg
火箸がぎっしり奉納されとります。荒神さんは火ぃの神さんです。
e0008223_19134326.jpg
ホ、ホテイ?狛犬的な立ち位置でしょうか?ほていさん、ふたりともめっちゃスマイルっす。
神仏混交なんスねー。お寺だけど神社もあるでよーってことで。

帰り道、中山寺の看板が見え、そういえば西国巡礼で母ときたことを思い出して、ちょっと寄り道。またもや母親との思い出をなぞってるがな自分…と苦笑しつつ。
e0008223_19291737.jpg
今日は戌の日だそうで、平日だけど安産祈願の若いおかーさんたちおとーさんたちと昔若かったおかーさんたちがわんさかお参りに…。いい子が授かるとイイっすね~
こちらでも青葉まつりの看板が目につき、そうそう、ここ中山寺にもお大師っさんいてはったことを思い出しました。
e0008223_19294272.jpg
本堂へと続く道の両脇にはいろいろなあじさいが咲きそろっていて、梅雨やな~感を醸しだしております。
e0008223_19304235.jpg
お昼は、境内にある観音茶屋にて観音定食をいただきました。今日は梅雨の中休みでムシムシしててアチーアチー。清荒神さんですでに汗だくで、ノドもカラカラ。そしてお腹はペコペコ。かやくご飯とセットです。
きざみあげとワカメとねぎ、かまぼこで観音そばだとか。なじぇに?

お誕生日会はもう終わってしまって、大師堂はがらんとしています。
誰もいないし、係のおばちゃんも「どうぞ」と勧めてくださるので、右手を掲げた小さなお釈迦様に甘茶をザバザバかけまくったり、西国三十三箇所お砂踏みを逆打ちしてみたり、大師堂を満喫させていただきました。
e0008223_19300692.jpg
極楽感満載…

お大師っさんの誕生日を記念して、摂津国八十八箇所遍路のスタートです。(クルマですけどね)
四国、小豆島、知多半島、西国と巡拝しておりますが、摂津に八十八ヶ所があるなんてまったく知りませなんだ。江戸時代中期からあるそうです。
甘茶をザバザバ、お砂踏みをグルグル回ってる間に、納経帳に御朱印をいただきました。

母との西国巡礼も、とうとう結願にはいたりませんでした。母の西国の納経帳を完成させるのも兼ねてあらたにお遍路をはじめます。(休日だけね)
e0008223_19311611.jpg
清荒神さんで頂きました。墨書はウレシーっす。四国を思い出します。日付を入れてくださるのもありがたいな~
e0008223_19313560.jpg
中山寺で頂きました。こちらでは3つ御朱印をいただけますが、もうひとつは奥の院まで行かないと…。片道50分の山道です。時間切れ。またゆっくりお参りくださいって言われちゃいました。ワハッ 出直しですな。

【お寺データ】
蓬莱山清澄寺
兵庫県宝塚市米谷字清シ1番地
広大な駐車場あり ありがたや~

紫雲山中山寺(大師堂)・(納経所)
兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
駅前に民営駐車場あり 概ね500円

[PR]

by ke-ko63 | 2015-06-15 19:43 | ありがたいもん | Trackback | Comments(2)  

久しぶりのお遍路 知多四国へ

しばらく中断していたお遍路。
GWを利用して久しぶりに知多四国へ出かけてきましたよ。
e0008223_22012435.jpg
e0008223_21552867.jpg
以前は母の回復を願ってお遍路していましたが、母がいなくなった今、さて、なにをお願いしながらお参りすればいいのか?
そう考えながらのお遍路リスタート。
e0008223_22005661.jpg
享年78歳。寿命と考えればそうなのかもしれない。
いや、家系的には長寿なはず。そう思うと、もっといい病院でいい治療を受けさせることもできたのかも…とか、母の最期は母はきっと納得していないんじゃないかとか、今になって思えば手遅れなんだけど、あぁもできたかも、こうもすればよかったのかも…と思うと、ただただ母に申し訳なく、今回のお遍路は母への懺悔のお遍路となってしまいました。
e0008223_21554769.jpg
親孝行したいときに親はなし。
なんだかね、そればっかり考えておりました。


[PR]

by ke-ko63 | 2015-05-19 22:05 | ありがたいもん | Trackback | Comments(4)